> マンションの耐震性と補強費用。誰がするのか?

【特集】私の知人の風呂リフォーム体験記

地震の危険から身を守るために必要なことです。

一戸建て住宅と同様に、1981年(昭和56年)以前に建築されたマンションも地震による倒壊の可能性があります。

 

また、それ以降の物件でも手抜き工事などで、基準に満たないものが多いと言われています。

 

このような耐震基準に満たない住居の場合、一戸建て住宅ならばリフォームの実施に合わせて補強する事が可能です。

 

ですが、分譲マンションとなると難しくなってきます。

 

自分が所有しているのはマンションの一区画なので、そこだけ補強しても他の区画が倒壊したら、一緒に崩れてしまいます。

 

その為、マンション全体を補強する必要があります。

 

耐震診断は誰がするのか

補強が必要かどうかを調べるには、耐震診断をします。

 

耐震診断は管理組合で行います。

 

ですが、診断するには住民の合意が必要になります。

 

診断の結果、補強が必要と分かった場合、費用が必要となるので合意が得にくいのが現状のようです。

 

耐震工事の費用はどれくらいか

マンションの構造た、補強の必要な位置によって大きく変動します。

 

一戸当たり、100万円の場合もあれば300万円の場合もあります。

 

やり方によっては、数十万円で済むケースもあるようです。

 

工事費用を抑えるためには、しっかりとした調査が必要です。

 

必要な場所を厳密に把握することで、余計な出費を抑えられます。

 

その為には、調査に費用をかけるべきでしょう。

 

助成金を活用しよう

耐震診断、補強工事には各自治体から助成金が支給されます。

 

支給額や条件が異なるので、問い合わせて確認をしましょう。

管理人

管理人・書いた人:カナザワ
外壁塗装で失敗した経験を活かしてリフォームについて調べた知識を書いています。
>>私のリフォーム体験談



 

リフォームアンケート企画タイトル

リフォーム満足度調査 相見積もりをした人の本音は?

ぶっちゃけ相見積もりした方がいいのか?


先輩リフォーム経験者からのアドバイスと体験談

リフォームしてみた感想を聞いてみました。


 

(2018年7月集計)