> 和式トイレから洋式トイレへのリフォームの工程と費用

【特集】私の知人の風呂リフォーム体験記

和式から洋式への変更

 

今では一般住居のトイレも洋式の家が大半になってきました。

 

しかし、古いお宅では和式が残っています。

 

また、和式の方が使い勝手が良いという場面もあり、意識的に和式トイレにしているお宅もあります。

 

ところが、家族の成長や、逆に高年齢になって座る方が楽になるパターンも出てきています。

 

そんな時に、和式トイレから洋式トイレに変えたいとリフォームを検討すると、長い生活の利便性もアップします。

 

しかし、マンションでは最初から自分の意とは別に、トイレがすでに設置されている状態です。

 

それを変えるとなると、マンションリフォームをお願いすることになります。

 

和式から洋式にマンションリフォームすると、どれくらい費用が掛かるのかは気になるところです。

 

段差の解消が必要

 

和式トイレは一段高くなっているケースが多い。

 

様式トイレでは段差が不要なので、撤去する必要があります。

 

床が平らな場合と比較して、工事費と手間がかかります。

 

段差部分は、木組みで造られている場合とコンクリートで固められている場合があります。

 

それぞれ工事費と手間が異なり、コンクリートの場合だと工期を二日ほど多く見る必要があります。

 

段差の解消後は、段差が合った床の工事などをおこないます。

 

その後配管工事やトイレの取り付けをして、内装を整えます。

 

必要な費用は?

 

和式トイレから洋式トイレに変更するのに必要な費用は、トイレ機器と内装に左右されます。

 

トイレ機器は安いもので5万円程度で購入できます。

 

機能を増やしたり、プラスの設備も整えると20万から30万円程度のものまであります。

 

内装は一般的には床にビニールのクッションフロア、壁や天井にビニールクロスを貼ります。

 

費用は3万円から4万円程度です。

 

この他に工事費として15万円から30万円程度かかります。

 

総費用として、段差が無く最小限の工事の場合は25万円から、

 

段差があり、トイレ機器と内装をグレードの高いものにした場合、50万円程度となります。

 

 

関連記事:
トイレのリフォーム費用と相場(交換・内装)

管理人

管理人・書いた人:カナザワ
外壁塗装で失敗した経験を活かしてリフォームについて調べた知識を書いています。
>>私のリフォーム体験談



 

リフォームアンケート企画タイトル

リフォーム満足度調査 相見積もりをした人の本音は?

ぶっちゃけ相見積もりした方がいいのか?


先輩リフォーム経験者からのアドバイスと体験談

リフォームしてみた感想を聞いてみました。


 

(2018年7月集計)