> 水回りをリフォームするときの注意点

【特集】私の知人の風呂リフォーム体験記

水回りのリフォームについて

 

マンションリフォームをする時に注意しなければならない点はいくつかあります。

 

特に水回りは、考慮しなければならない点がいくつかありますので、それを覚えておかなければならないでしょう。

 

まず水回りという事は、配管が重要になってきます。

 

マンションでは、外部から給排水する為の配管を各階を貫通させて配置しています。

 

マンション内ではそこから横に管を設置して、キッチンやトイレで使用した水を排水しています。

 

この大元となる配管スペース(PS)は、上記の理由から動かすのは困難です。

 

できたとしても共有部分に関わる事なので、許可を取る必要もあり、なかなか許可は下りませんし、費用も高くなってしまいます。

 

もちろん専有部分の水回りを移動する事はできます。

 

ですが、制約もあります。

 

それは、キッチンなどの設備から配管スペースへの横管に傾斜を付ける必要があるという事です。

 

水は高いところから低いところへ流れていくので、傾斜が無いと流れなかったり、逆流するのが想像できるでしょう。

 

傾斜の角度は管の大きさなどで決められていて、その値以上にする必要があります。

 

また、間に柱などの障害がある場合は、迂回するので距離が伸びます。

 

このことで問題になるのが、距離が長くなった分だけ床下の高さが必要となるということです。

 

充分な高さを確保できない場合は、床を高くする必要があります。

 

少し特殊になってしまいますので、通常のリフォームよりもマンションリフォームの方が費用が掛かることになります。

 

また、この他にもマンションの規約を守る必要があります。

 

リフォームを制限しているケースもあるので、必ず確認する必要があります。

 

マンションリフォームで水回りを一新しようとする時は、リフォーム前に、本当にリフォームできるのか、リフォーム会社だけではなく、マンションの管理組合の方にも連絡をする必要があります。

 

何も連絡せずにしてしまうと、後でできなかったという事が分かり、費用だけが掛かってしまう場合もあります。

 

このような事がないように、しっかりと確認してからマンションリフォームをするようにしましょう。

 

管理人

管理人・書いた人:カナザワ
外壁塗装で失敗した経験を活かしてリフォームについて調べた知識を書いています。
>>私のリフォーム体験談



 

リフォームアンケート企画タイトル

リフォーム満足度調査 相見積もりをした人の本音は?

ぶっちゃけ相見積もりした方がいいのか?


先輩リフォーム経験者からのアドバイスと体験談

リフォームしてみた感想を聞いてみました。


 

(2018年7月集計)