> マンションリフォームの基礎知識  

失敗しないために・・・

知らなかったら、50万円損していました。 >> 私がやったこと
 

マンションリフォームで、これだけは知っておきたい基礎知識

 

マンションでは専有部分のみリフォームできます。

 

マンションは一つの建物を区切って、多くの人や家族が住めるように設計されています。

 

ここが一戸建てと異なる部分で、好きな部分を自由にリフォームする事ができません。

 

マンションのリフォームは「建物の区分所有等に関する法律」という法律に従います。

 

この法律の中で専有部分と共有部分とに区別されていて、共有部分はリフォームできません。

 

リフォームをする際にはリフォームが出来る部分である専有部分が、どの範囲なのか計画を建てる前に把握しておく必要があります。

 

<マンションの共有部分と専有部分>

 

マンションの専有部分と共有部分

(1) 住居内部 できる事 天井や壁・床の張替え。

強度に関係しない壁の撤去。
水まわりの移動・交換。
(移動は構造により制約あり)
電気容量のアップ。
(マンション全体の容量に依存。要確認)

できない事 強度に関係する壁の移動・撤去
(2) 玄関ドア できる事 室内側の塗装。

鍵の交換。

できない事 ドアの交換。

外側の塗装。

(3) サッシ できる事 内窓の取り付け。
できない事 サッシの交換。
(4) バルコニー できる事 非難の邪魔にならないものの設置
できない事 構造の変更。

非難を妨げるものの設置。

(5) パイプスペース できる事

 

できない事 移動・交換

リフォームをする前に、管理組合の管理規定をチェックしておきましょう。

 

リフォームに関する規定が定められていますので必ず目を通しましょう。

 

その中には禁止事項も含まれています。

 

基本的に住居内の専有部分はリフォーム可能ですが、規約により制限事項が設定されているケースがあります。

 

知らなかったというわけにはいきませんので、注意しましょう。

 

この規定に違反しないようにリフォームの計画を立てたら、管理組合の承認を受けるようにしましょう。

 

 

水わまりの移動には制約があります。
まず、パイプスペースにはマンションの外部から個々の部屋へと給排水を行うパイプが収まっていますが、これを移動する事はできません。
キッチンなどには、このパイプスペースに配水管を繋げて水を送ります。
この配水管は移動できます。
ですが、どれだけ移動できるかはマンションの構造によって異なります。
床下に勾配を付ける空間が必要なので、遠い位置に移動できないことがあります。

 

マンションの構造が壁式構造の場合、構造上取り外すことが出来ない壁があります。
その場合は間取りなどに制約ができてしまいます。

 

 

マンションリフォームの費用と相場は?

マンションのリフォームは思い切って全面リフォームすることが多いようです。
そのため、相場が高めになります。

 

参考記事:マンションの全面リフォームに必要な費用と相場

マンションのリフォームの基礎知識記事一覧

マンションを購入する際、新築にするか中古にするかで悩むという人は少なくないでしょう。新築の真新しさに新しい設備というのは魅力的ですが、中古マンションに比べると価格が高くなってしまいます。一方で、中古マンションは価格が安い上に、物件数という選択肢も多いために、交通の便が良く、立地条件に優れた物件が購入出来る可能性が高くなります。ですが築年数を経ているだけに、設備の古さや間取りが気になるという人も少な...

最近では中古マンションを購入して、全面リフォームをするケースが増えています。中古マンションの魅力は何と言っても、その価格の安さにあります。しかも中古マンションと言うのは物件数が多くあるので、それだけ豊富な選択肢の中から、自分の希望に合ったマンションを選び出す事が出来ます。また、交通の便が良く、買い物等も便利な立地条件の良い部屋を購入し易いです。そんな中古マンションですが、築年数が経過しているだけに...

マンションリフォームに限らず、住宅工事は工期が短ければ費用が安くなるとは限りません。工期に関係する費用は人件費です。単純に日給として考えると、工事期間が長くなればそれだけ職人に支払う賃金が増えます。また、職人の数が増えると賃金の総額が増加します。職人の数が同じならば、工期が長い方が費用が高くなります。ただ実際には、リフォーム工事に必要な作業時間が最初に計算されていて、それに合わせて職人の数と日数を...

マンションを購入する際、新築の真新しさというのは確かに魅力的です。ですがやはり価格が高くなってしまうし、新築マンションの数は限られているので、立地等の条件の良い物件もそこまで豊富じゃなかったりします。ですが中古マンションは、価格も安い上に、数も多くて選択肢も豊富な分、交通の便や立地条件の優れた物件を探し出す事が出来ます。ただし築年数を経ている分、設備や間取りが古いから、と敬遠する人もいます。ですが...

長年、マンションで暮らしていると徐々に床面に傷や汚れが目立つ様になってきます。特にフローリングの床は、良く見ると細かい傷がたっぷり付いていたりします。特に最近では、マンション暮らしでも犬や猫といったペットがいる家も珍しくありません。元気よく跳ね回っている姿を見ていると、日ごろの疲れが癒されますが、床面は傷つく機会が多くなっています。そして床というのは、内装のイメージを決めるのに大きな役割を果たして...

住居は安心と心地よく、リラックスして過ごせる場所です。休息をしっかりとれて、活力をチャージできることで、仕事や学校に集中したり、さらには健康的な生活を送れるのです。そのためには、リフォームも大切になります。特にマンションリフォームは、自分の部屋らしさ、プラスのメリットが大きく現れます。マンションはどの部屋も同じ設備で最低限の快適さで作られています。そのため、家族のスタイル、人数、生活様式によっては...

マンションリフォームでよく行われるものが、壁の撤去です。専有部分の壁を撤去して、部屋を広げるというリフォームはよく行われます。リビングを広げるために、とても良い方法です。しかし、この場合、どれぐらいの費用が必要になるのかということい、疑問をもつ人も多いはずです。業者によっても異なってきますが、ある程度の目安を知っておいた方が便利です。マンションリフォームで壁の撤去工事にかかる費用は、8畳の部屋と8...

現在のマンションはユニットバスが主流となっていますが、従来工法を用いている浴室も見られます。従来工法の場合ですと、老朽化によってヒビや欠けなどが起き、階下への水漏れを起こす場合があります。ユニットバスの場合はこの様な水漏れには強いのですが、経年と使い方によって金属部のサビが発生したり変色が起きたりと気持よく使うには問題が出てくるケースがあります。では浴室を綺麗にしようと考えた際、マンションリフォー...

費用など気になることは多々ありますが、まずは規約を確認することから開始しましょう。規約にはマンションリフォームについての約束事が明記されており、規約に従って進めなければならないからです。キッチンをどのように変えたいか要望があるでしょうが、深く考えるよりも、リフォーム業者に来てもらって下見をしてもらい、どのようなプランが可能なのかマンションリフォームプランの提案をしてもらう方が良いです。その上で意見...

マンションリフォームをする時に注意しなければならない点はいくつかあります。特に水回りは、考慮しなければならない点がいくつかありますので、それを覚えておかなければならないでしょう。まず水回りという事は、配管が重要になってきます。マンションでは、外部から給排水する為の配管を各階を貫通させて配置しています。マンション内ではそこから横に管を設置して、キッチンやトイレで使用した水を排水しています。この大元と...

自宅の部屋は和室、洋室と両方あると、使い分けができてよいだろうと思っていても、実際に過ごしてみると不便だったということも出てきます。というのも、和室は畳が古くなると交換が必要でコストがかかります。また、和室と洋室とでは全く別ですので、2部屋をつなげて、広々と使うこともできません。手入れや掃除も大変で、凹みを気にして重たい箪笥やテーブルを置くことも神経を使います。もっと利便性が高く、自由に部屋を使え...

マンションリフォームを行う場合、スケルトンリフォームを希望しようか悩む人も多いはずです。しかし、スケルトンのマンションリフォームには、メリットとデメリットがあります。まず、メリットですが、新築同様にすることが出来るということです。そのため、見えない部分ではありますが、給排水配管や電気配線なども新しくすることが出来るため、長く住み続けることが出来ます。また、自由性がとても高くなりますので、自分の好き...

新築のマンションを購入するのに比べると、中古マンションを購入する方が断然安く購入することが出来ます。ですので、中古マンションを購入する人が多くなってきています。しかしいくら安いとはいえ、マンションでも築年数が古いものになってきてしまうと、断熱効果があまり得られないものがありますので注意が必要です。断熱効果が得られないと、どうしても冬は寒かったり夏は暑かったりするようになってしまうでしょう。それでは...

購入したマンションでは、賃貸ではできないマンションリフォームを行うことが可能です。賃貸の場合には原状回復を求められるので、リフォームをした場合には退去の際に元通りにする必要があるので原状回復のための費用がかかります。以前、芸能人が賃貸物件をリフォームしてしまったことから原状回復に数百万円がかかってしまったというのは意外と有名です。賃貸ではできないマンションリフォームが出来るのも、買い上げたマンショ...

マンションリフォームにかかる費用というのは、場所によって相場というものが存在します。そのため、漠然とマンションリフォームを考えている場合においては、まずはどの部屋をどのようにリフォームしたいのかについて具体的に考えながら豆知識を得ていくことで費用を効果的に使用することが出来るようになります。最も多いリフォームの依頼の一つに、バスルームのリフォームがあります。お風呂というのは生活の一部であり、最もリ...

マンションリフォームで費用を抑える方法を考える前に、マンションリフォームで何にお金が必要なのかという事を考える必要があります。マンションリフォームに限った話ではありませんが、リフォームの費用の内訳としてはまず材料費。そして人件費、最後に廃棄物の処理などにかかる費用、そしてその他雑費となっています。ですので、具体的な方法というのはこれらにかかる費用を抑えていく方法という事になります。まずは材料費を抑...

家は生活の基盤となる重要なもので、一戸建てを購入するとなると、人生の中でもかなり大きな買い物となります。また、一戸建てだけでなく、マンションなどの集合住宅であっても、分譲であればその金額は非常に高額なものとなるため、購入の際には入念に検討を行う必要があります。こうしたマンションも、購入時に新築であったとしても、実際に生活し、長期間使用することになると、室内の様々な箇所に不具合や劣化が現れてきます。...

今では一般住居のトイレも洋式の家が大半になってきました。しかし、古いお宅では和式が残っています。また、和式の方が使い勝手が良いという場面もあり、意識的に和式トイレにしているお宅もあります。ところが、家族の成長や、逆に高年齢になって座る方が楽になるパターンも出てきています。そんな時に、和式トイレから洋式トイレに変えたいとリフォームを検討すると、長い生活の利便性もアップします。しかし、マンションでは最...

一戸建て住宅と同様に、1981年(昭和56年)以前に建築されたマンションも地震による倒壊の可能性があります。また、それ以降の物件でも手抜き工事などで、基準に満たないものが多いと言われています。このような耐震基準に満たない住居の場合、一戸建て住宅ならばリフォームの実施に合わせて補強する事が可能です。ですが、分譲マンションとなると難しくなってきます。自分が所有しているのはマンションの一区画なので、そこ...

安易な見積もり依頼は危険です!

例えば、こんなリフォーム会社に見積もりを依頼すると・・・
詳しくはこちら
↓↓↓↓

 

リフォームアンケート企画タイトル

リフォーム満足度調査 相見積もりをした人の本音は?

ぶっちゃけ相見積もりした方がいいのか?


先輩リフォーム経験者からのアドバイスと体験談

リフォームしてみた感想を聞いてみました。


 

(2017年8月集計)