キッチンの広さについて

 

キッチンの広さも使い勝手に影響する要素です。

 

独立型の場合は、必要な機材を配置しつつ家全体の広さや奥様との力関係などを考慮していけば自然と決まっていきます。

 

費用をめいっぱい使って大きな冷蔵庫や収納スペースを増やせば部屋は広くなりますし、必要最低限の設備があればいいのならば狭くてもよいでしょう。

 

ただ、家の中で最も重要な場所なので、できれば費用を一番掛けて欲しいところです。

 

セミオープン型はリビング・ダイニングとの区切りの位置で広さが変わってきます。

 

全体のバランスからみて、リビングよりキッチンの方が広いということは無いでしょう。

 

ほとんどの場合は余分なスペースを作らず、必要最低限で済ますことが多いようです。

 

ですが、目の前が開けているので狭いという印象はあまりありません。

 

使いにくいと思ったら、リフォームをするとよいでしょう。

 

現在では希望する内容のリフォームの殆どを施工することができ、排水管や給水管などの位置変更も比較的自由に行うことができます。

 

費用次第で何でもできます。

 

 

オープン型は区切りがありませんが、床の素材を変えてリビングと区別していることもあります。

 

どこまでがキッチンかはっきりしないことが多いですが、もともとリビング・ダイニングと一体のつくりなので区別する必要が無いのかもしれません。

 

参考:リフォームに必要な費用と相場

リフォームは思いっきりが必要です。
でも始めるには勇気がいりますよね。
いくら掛かるか分からないですから。
大規模なリフォームだと高額ですが、一部だけならばそれほど相場が高くありません。

 

参考ページ:キッチンのリフォーム費用と相場

管理人

管理人・書いた人:カナザワ
外壁塗装で失敗した経験を活かしてリフォームについて調べた知識を書いています。
>>私のリフォーム体験談



 

リフォームアンケート企画タイトル

リフォーム満足度調査 相見積もりをした人の本音は?

ぶっちゃけ相見積もりした方がいいのか?


先輩リフォーム経験者からのアドバイスと体験談

リフォームしてみた感想を聞いてみました。


 

(2018年2月集計)