キッチンのレイアウトとリフォーム

 

独立型のレイアウト

 

多くの住宅では独立型のキッチンが一般的です。

 

独立型ではI型やL型のシステムキッチンが壁付けでレイアウトされていて、リフォームの際にはそのまま交換する形式が多いです。

 

この方法が最も費用が安くなります。

 

キッチン購入費(相場は20〜100万円程度)+工事費(相場は20万程度)でしょう。

 

次にレイアウトを変える場合は、機材の移動が必要ですが多くのケースで入り口やサッシの変更が必要となります。

 

また、移動前にキッチンがあった床や壁の補修が必要ですが、一部だけ新品の状態になってしまいます。

 

その為、部屋全体のリフォームをする事が多いです。

 

この時の費用は100万円から200万円必要です。

 

オープン型のレイアウト

オープン型はI型かL型を壁付けにレイアウトするか、アイランド型を設置します。

 

リフォームはI型かL型をそのまま交換するのが費用が安いです。

 

キッチンの価格にもよりますが、100万円以下でも可能です。

 

アイランド型は島部分と壁側にI型を設置していることが多く、シンクとコンロを島と壁側に自由に配置することができます。

 

リフォームで交換する場合、シンクとコンロの位置を変更しないならば費用はそれほど高額になりませんが、変更をすると給排水やガス・排気設備なども工事する必要があります。

 

その為工事費用が高額になります。

 

 

セミオープン型のレイアウト

セミオープン型はI型・II型・L型・U型を自由にレイアウトできます。

 

  • 区切り:カウンター 壁側:I型
  • 区切り:I型 壁側:I型
  • 区切り:L型 壁側:なし
  • 区切り・壁側:U型

 

この他いろいろなバリエーションがあります。

 

セミオープン型をリフォームする場合は、元のレイアウトそのままで交換するのはもったいないと思ってしまいます。

 

この場合、オープン型と同じ理由で費用が高額になります。

 

 

 

レイアウトは好みや使いやすさを考えて、自由に配置できます。
リフォーム時にレイアウトを変えると余分に費用がかかるかどうかは、実際には見積もりをもらわないと分かりません。
担当者と話し合えば、一番よいレイアウトを教えてくれるので聞いて見てください。

 

参考ページ:
キッチンのリフォーム費用と相場
リフォームの見積もり

管理人

管理人・書いた人:カナザワ
外壁塗装で失敗した経験を活かしてリフォームについて調べた知識を書いています。
>>私のリフォーム体験談



 

リフォームアンケート企画タイトル

リフォーム満足度調査 相見積もりをした人の本音は?

ぶっちゃけ相見積もりした方がいいのか?


先輩リフォーム経験者からのアドバイスと体験談

リフォームしてみた感想を聞いてみました。


 

(2018年2月集計)