【特集】私の知人の風呂リフォーム体験記

アイランド型のメリットと特徴

 

キッチンのリフォームを行う時に、最近特に人気が出ているのがアイランド型のキッチンです。

 

アイランド型というのは、アイランド(島)状に独立したキッチンのことで、もともと外国ではよく用いられていたキッチンの形状です。

 

島部分にシンクやコンロなどの機能を設置する事ができますが、壁側にI型のキッチンを取り付けて、そこにシンクとコンロのどちらか又は両方を分離する場合もあります。

 

両方とも壁側に設置した場合は、島部分は作業台として利用されます。

 

 

アイランド型を選択する理由の多くは、見た目がよいということがあります。

 

壁付型は実用性重視ですが、アイランド型はダイニングやリビングに配置されたソファーやテーブルと共に部屋のインテリアの一部として見られます。

 

従ってデザインの良いものや、高級感があるものが選ばれるので、費用や相場が高くなりがちです。

 

また、これもオープン型ですので臭いや煙の対策が必要です。

 

換気性能を上げる必要があり、これも費用が高くなる要因になります。

 

アイランドキッチンイメージ

 

メリットとデメリット

 

I型やL型と呼ばれる壁に対面した形状だと、大人数で作業をする場合、横並びでしか作業が出来ません。

 

ですが、アイランド型の場合は四方向から同時に作業が出来るので、大人数で調理を行うパーティーなどでは大変重宝します。

 

調理台として、広いスペースが確保できますから配膳の準備もしやすくなります。

 

準備したら、子供にお手伝いでダイニングテーブルに運んでもらうなどコミュニケーションをとりやすくなりますね。

 

デメリットは調理している姿を隠せないことです。

 

リビングと一緒のパターンだとソファーなどでくつろいでいる時に、キッチンで作業している様子についつい目が行ってしまいます。

 

失敗したところを目撃されたら、ちょっと恥ずかしいですね。

 

でも、それをきっかけにして会話が弾むというのはメリットかもしれません。

 

臭いの問題は、他の部屋と一体型のキッチンに共通のデメリットです。

 

十分に対策をしておかないと、少しずつキッチンの臭いが部屋全体に付着してしまいます。

 

費用をケチらないことが対策のコツです。

 

また見た目もオシャレなことから、インテリアに強いこだわりがある人たちから人気もありますね。

 

最初はいいかもしれませんが、年月が経過すると汚れてくるのと見慣れるのとでインテリア性が低くなってきます。

 

お客が来る時間になって、ついつい溜まってしまう洗っていない食後の食器を見るとため息が出てしまいます。

 

独立型やセミオープンだったら隠せるのにって思うかもしれません。

 

インテリア性を求めてリフォームする前に、数年先も後悔しないか良く考えて決めたほうがいいです。

 

数年後にリフォームをしたとして、アイランド型に交換するだけなら費用はさほど掛かりませんが、他のタイプにすると移動の為の工事が大規模になってしまうので高額になってしまいますよ。

 

アイランド型の魅力は、みんなで楽しく料理ができるというところにあります。

 

その魅力は、先ほどのデメリットよりも大きいかもしれません。

 

今まで料理をまかせっきりだった旦那が手伝ってくれるかもしれませんし、子供が料理を教えて欲しいと言ってくるかもしれません。

 

夢が膨らんでいきます。

 

キッチンとしてもある程度のスペースが確保できる場合ですと、I型やL型からアイランド型にリフォームすることが可能ですから、リフォームを検討する時に、リフォーム業者に相談をしてみると良いでしょう。

 

女性にとっては、朝・昼・夜とキッチンで作業をする時間が多くなります。

 

予算や間取りの問題もありますが、出来る事なら本当に気に入ったリフォームを行って、お料理をするのが楽しみになるようなスペース作りをしたいものですよね。

 

アイランドキッチン


 

アイランド型は他のタイプよりも相場が少し高くなっています。
ですが、それに見合う魅力もあるので費用と相談しながら決めるといいでしょう。

 

参考ページ:キッチンのリフォーム費用と相場

管理人

管理人・書いた人:カナザワ
外壁塗装で失敗した経験を活かしてリフォームについて調べた知識を書いています。
>>私のリフォーム体験談



 

リフォームアンケート企画タイトル

リフォーム満足度調査 相見積もりをした人の本音は?

ぶっちゃけ相見積もりした方がいいのか?


先輩リフォーム経験者からのアドバイスと体験談

リフォームしてみた感想を聞いてみました。


 

(2018年7月集計)