【特集】私の知人の風呂リフォーム体験記

独立型の特徴と費用

 

独立型は調理場だけを一つの部屋にしたタイプです。

 

古い家屋などはこのタイプが多く、リフォームする際も間取りを保ったまま機材の交換や内装の新調をすることが多いです。

 

その際の相場は100万円前後になります。

 

もちろん高価な機材を購入すれば、大幅に金額が上がりますし、安い機材を探してくれば費用も少なくてすみます。

 

オープンタイプやセミオープンタイプからのリフォームは間取りの変更が必要です。

 

うまくいけば、壁の取り付けと内装の交換で済みますが、それだけで済まないことが多いです。

 

多くの場合、機材の移動やサッシの位置の変更・入り口の設置が必要です。

 

費用も高額になります。

 

また、ダイニングやリビングも放置できません。

 

内装の交換などで、費用が必要です。

 

独立型図面

メリットとデメリット

間取りによって食事作りだけをする場所や、食事作りを行い家族が食事をする場所でもあったり、その家庭によって使い方が異なります。
ダイニングキッチン(DK)と呼ばれる食事も行う場所を兼ねているキッチンの場合、料理したものをすぐに運べるし、食後の後片付けも簡単にできるというメリットがあります。

 

また、リビングも一つの部屋にしてしまうケースもあります。

 

しかし食材や調理器具など多くのものを置いておく場所でもあるため、どこの家庭でもかなり雑然とした場所になってしまいがちです。

 

独立型の良いところは、食事作りをするスペースと食事をするスペースが別なため、ダイニングスペースがすっきりと保てるという点です。

 

ダイニングテーブルが、時にお客様を迎える場所になるという場合にも、独立型なら来客に調理場の雑然とした様子が見えないので安心です。

 

洗い物が残っていても見られることが無いので、そのまま放置して会話を楽しむことができます。

 

独立型なら調理スペースは専用の場所としてそれほど広いスペースでなくてもよいし、ダイニングがきれいに保てる点は大きな魅力です。

 

開放的なオープンタイプと違い四方が壁に囲われている為、自分だけのスペースと感じることができます。

 

逆に家族の団欒から切り離されてしまう為、料理中に孤独を感じてしまうこともあります。

 

キッチンのリフォームを検討する時、どのような使い方をしたいかをよく考えてリフォーム内容を決めることが大切です。

 

リフォームによってそれまでの悩みを解決できるよう、独立型にするかどうかをよく検討して決めることが大切です。

独立型キッチン


 

オープン・セミオープンからの独立型へのリフォームは費用が高額になります。
ですが、子供が独立して昼間は一人きりという場合オープンだと孤独を感じてしまうことがあるようです。
このような場合は思い切って独立型に変更するのも良いでしょう。

 

参考ページ:キッチンのリフォーム費用と相場

管理人

管理人・書いた人:カナザワ
外壁塗装で失敗した経験を活かしてリフォームについて調べた知識を書いています。
>>私のリフォーム体験談



 

リフォームアンケート企画タイトル

リフォーム満足度調査 相見積もりをした人の本音は?

ぶっちゃけ相見積もりした方がいいのか?


先輩リフォーム経験者からのアドバイスと体験談

リフォームしてみた感想を聞いてみました。


 

(2018年7月集計)