【特集】私の知人の風呂リフォーム体験記

セミオープンタイプの特徴と費用

 

オープンタイプとは別にセミオープンというものがあります。

 

ダイニングやリビングと同じ部屋に調理場が設置されています。

 

オープンタイプと異なるのは、カウンターなどでく区切られていることです。

 

独立型と異なり部屋全体が明るく感じられるようになっています。

 

区切られているとはいえ覗き込むことは可能ですので、向こうからキッチンが丸見えにならないように、少し壁を作ってリフォームする事も多いです。

 

一般的な対面式のキッチンは、セミオープンキッチンである事が多く、このタイプにリフォームされる方が結構います。

 

独立型からセミオープンにリフォームする場合は壁の撤去費用が必要です。

 

レイアウトを大幅に変える事になるので、配水管などの工事も大掛かりになります。

 

リビング・ダイニングとの区切りがあるので、オープンタイプのように統一感を持たせる必要はありませんが、調和が取れているかを考える必要があります。

 

同時にリビング側も大幅にリフォームする場合が多く、費用相場が高くなっています。

 

セミオープンキッチンイメージ

 

メリットとデメリット

 

セミオープンキッチンにリフォームする場合のメリットは、リビングとキッチンが一緒になっていて、尚且つキッチンからはリビングがよく見えるのに、逆は見えづらくなっているので、お客様が多く来られる家庭に向いています。

 

話の合間に軽い食事を作ったりなどキッチンに移動しても、料理をしながら会話ができます。

 

カウンターが付いているタイプにリフォームをした場合、夜はカウンターを利用してバー風にお酒を飲むということもできるので、とても雰囲気が出るようになっています。

 

また、小さいお子様がいる家庭でしたらカウンター越しに、子供の様子や宿題を見ながら作業ができるでしょう。

 

空間も広く感じられるようにもなりますので、考え方や使い方によっては、スペースを有効活用できます。

 

デメリットはオープンタイプと同様に臭いや煙がリビングに流れていくということです。

 

仕切りがあるといっても、十分でありません。

 

気になる場合は何らかの対策をする必要がありますが、費用がアップします。

 

独立したものやオープンになっているものと違って、外から見えづらいけど完全に仕切ってはいなくて、顔と顔が見えるタイプなので、その両方の良さを活かしたのが、セミオープンキッチンとなっています。

 

広い空間にあるもの、独立しているのも嫌という方にお薦めです。

 

セミオープンキッチン


 

オープンタイプと同様に独立型からのリフォームは大規模な改修が必要です。
その分費用が高額になりますが、今までに無い開放感を感じることができるので、人気があります。

 

参考ページ:キッチンのリフォーム費用と相場

管理人

管理人・書いた人:カナザワ
外壁塗装で失敗した経験を活かしてリフォームについて調べた知識を書いています。
>>私のリフォーム体験談



 

リフォームアンケート企画タイトル

リフォーム満足度調査 相見積もりをした人の本音は?

ぶっちゃけ相見積もりした方がいいのか?


先輩リフォーム経験者からのアドバイスと体験談

リフォームしてみた感想を聞いてみました。


 

(2018年7月集計)