【特集】私の知人の風呂リフォーム体験記

キッチンの価格と費用

 

住宅は新築してから十年も経つと、あちこちが傷んだり設備機器類が古くなったり、故障が出てきたりでリフォームが必要になってきます。

 

特に設備機器類は機能性や使い勝手が格段に良くなっているので、リフォームをして新しい機器類に変えたいのは、誰もが望む事でしょう。

 

特にキッチンのリフォームは、奥様たちの希望の多いところです。

 

その為に必要な費用は工事費と機材費に分かれます。

 

工事費は職人が作業する為の人件費と材料費です。

 

新しいものに交換するだけならば、それほど費用がかかりません。

 

差が出るのは機材です。

 

キッチンと一口に言っても、材質や大きさそれに機能性の違いで価格には大きな差があります。

 

今までのキッチンといえば、ステンレス製で流し台とガス代が分離されており、キッチンの広さに応じて流し台の大きさを調整して組み合わせるタイプがほとんどでした。

 

このタイプが費用的にも一番安くつきます。

 

最近主流になってきたのが、システムキッチンと呼ばれるもので、一番の特徴は流し台とガス代が一体化されて、天板は継ぎ目のない一枚で出来ているのが特徴です。

 

天板はステンレス製は比較的安く、人工大理石のものが費用は高くなります。

 

またシステムキッチンに食器洗い乾燥機を組み込む事もできるので、これらの設備機器が組み込まれると価格も当然高くなります。

 

システムキッチンの場合は、大きさや本体の材質と天板の材質また組み込む設備機器類や収納棚などにより、価格に大きな開きが出てきます。

 

カタログや資料を見ると、みんなキレイで使い勝手がよく見えます。

 

ですが実際に使ってみないと、本当に自分に合っているかわかりません。

 

家に設置されるまで、調理ができませんので使ってみるのは無理ですが、現物を見て触ってみましょう。

 

メーカーのモデルルームで確認できるので行ってみて選ぶ事をお勧めします。

 

可能ならば、リフォーム業者の担当者と行きましょう。

 

施主支給という、機材を依頼主が用意する方法があります。

 

この場合、施工する業者はあまりいい顔をしないばかりか、工事で不具合があったときの責任も曖昧になってしまうことがあります。

 

モデルルームに施工業者と一緒に行って、業者を通して購入すればこのような問題はありません。

 

また、費用を安くする交渉もしてくれるので一石二鳥です。

 

参考ページ:キッチンのリフォーム費用と相場

管理人

管理人・書いた人:カナザワ
外壁塗装で失敗した経験を活かしてリフォームについて調べた知識を書いています。
>>私のリフォーム体験談



 

リフォームアンケート企画タイトル

リフォーム満足度調査 相見積もりをした人の本音は?

ぶっちゃけ相見積もりした方がいいのか?


先輩リフォーム経験者からのアドバイスと体験談

リフォームしてみた感想を聞いてみました。


 

(2018年7月集計)