> キッチンリフォームの基礎知識と費用  

失敗しないために・・・

知らなかったら、50万円損していました。 >> 私がやったこと
 

そこは奥様の仕事場

 

基礎知識や必要な費用を知って、よりよいリフォーム計画を

 

キッチンは奥様の仕事場。

 

毎日の料理が楽しくなるようなリフォームをすることで、

 

家事の負担をグンと減らすことができます。

 

毎日家族のために料理するキッチンは油や水、調味料など、常にさまざまな汚れが付きやすく、よごれやすい場所です。

 

リフォームによって汚れが取れやすい素材を使ったり、お手入れしやすい工夫を施すことで調理中に発生する様々な汚れの掃除をとても楽にすることも可能です。

 

また、リフォームで希望が多いのが収納スペースの使いやすさです。

 

生鮮品や調味料、ストック食品など様々なものをしまっておくスペースでもあるキッチンの収納は、ともすれば不足しがちになりますが、現在のシステムキッチンでは何がどこに入っているかが一目で見渡せ、奥のものも取り出しやすい引出タイプの収納など、とても使いやすい工夫がされているものが主流になっています。

 

しかも自由度の高いプランニングが可能で、使う人の身長などに合わせたり、食器洗いにかかる手間を大幅に軽減する食洗機や、掃除のしやすいレンジフードなどの最新機器を組み合わせることができるのも大きな魅力です。

 

キッチンのリフォームによって調理や片づけ、掃除がしやすく、しかもエコロジーな空間も実現可能です。

 

ここでは、リフォームをするにあたって知っていおいたほうがよい基礎知識や費用・工事の相場などについての記事を掲載しています。

 

少しでも知識があれば展示場で機材を見たときの感想も変わってくることでしょう。

 

リフォーム業者の担当者や旦那様任せでもいいのですが、やはり一番良くキッチンを使う奥様が主体ですすめるべきでしょう。

 

少しでも使いやすく、しかも費用を少しでも安くするできれば大成功です。

 

頑張って、いいキッチンを作りましょう。

 

参考:必要な費用と相場

キッチンのリフォームにいくらくらいかかるの?
相場は?
気になる情報をまとめてみました。

 

キッチンのリフォーム費用と相場

キッチンのリフォームの基礎知識と費用記事一覧

キッチンのリフォームでは、本体以外にも、電気系統や排水管、排気管、給水給湯管、ガス管などの設備も新品にあわせて設置しなければなりません。よい設備を揃えると費用が多く必要となります。そして、リフォームの作業も大掛かりなものになります。リフォームの流れは、(1)施工業者に相談してから工事着工に至るまでの流れ(2)着工から工事完了までの流れに分けることができます。(1)施工業者に相談してから工事着工に至...

住宅は新築して十数年も経過すると、傷んできたり設備機器類が古くなったりしてリフォームの必要性が出てきます。特にキッチンや浴室などの水周りは、設備機器類の機能性が良くなり格段に使いやすくなっているので、奥様達のリフォーム需要の特に多い場所です。リフォームの必要性が出てきたら気になるのが費用です。ほとんどの人が安い方がいいと思っているでしょう。同じポイントをリフォームするとしても、内容次第で費用が大幅...

住宅の中は、利用しているうちに劣化していくものです。そのため、定期的に状態を確認することが必要になります。状況に応じて、しっかりとリフォーム作業を行っていかなければなりません。費用を安く抑えたいと思って、DIYで実施するのもいい考えかもしれませんが、リフォームの作業は、素人が行うことは難しい場合が多いので、専門の業者に依頼することが必要になります。さまざまな業者があるので、十分に比較してから依頼す...

住宅は、長年にわたって住み続けていると、次第に劣化していきます。頻繁に利用する箇所は、定期的に状態をチェックして、リフォームを行うことが必要になります。ただし、適切な作業をするように心がけていないと、費用が高額になってしまうだけで、希望に合った仕上がりにはなりません。きちんと計画を立てるようにしなければなりません。リフォームが必要になる箇所としては、トイレや浴室などの水回りが中心となります。最も多...

キッチンというと料理をするための空間と、調理をするための機材の二通りの意味を思い浮かべます。今回は調理をするための機材について説明します。キッチンがリフォームできれいに使いやすく変われば、毎日の料理がぐんと楽しくなります。ついつい費用を掛けて豪華な料理を作りたくなりますよね。友達を呼んでホームパーティーをすることも多くなります。問題はその後の処理。従来型のキッチンでは調理中に油煙や水はねなどによる...

住宅は新築してから十年も経つと、あちこちが傷んだり設備機器類が古くなったり、故障が出てきたりでリフォームが必要になってきます。特に設備機器類は機能性や使い勝手が格段に良くなっているので、リフォームをして新しい機器類に変えたいのは、誰もが望む事でしょう。特にキッチンのリフォームは、奥様たちの希望の多いところです。その為に必要な費用は工事費と機材費に分かれます。工事費は職人が作業する為の人件費と材料費...

キッチンのリフォームをする際に、オープンキッチンにするという人が増えています。これは調理場とリビング・ダイニングが一つの部屋のようになったものです。仕切りが無いので、作った料理をスムーズに食卓へと運べます。中古の家を購入した場合など水回りをリフォームして住むといった人に人気となっています。独立したキッチンをオープンにする場合、壁を撤去したり広くなった部屋全体の調和とるために、壁や床の色を統一する必...

オープンタイプとは別にセミオープンというものがあります。ダイニングやリビングと同じ部屋に調理場が設置されています。オープンタイプと異なるのは、カウンターなどでく区切られていることです。独立型と異なり部屋全体が明るく感じられるようになっています。区切られているとはいえ覗き込むことは可能ですので、向こうからキッチンが丸見えにならないように、少し壁を作ってリフォームする事も多いです。一般的な対面式のキッ...

独立型は調理場だけを一つの部屋にしたタイプです。古い家屋などはこのタイプが多く、リフォームする際も間取りを保ったまま機材の交換や内装の新調をすることが多いです。その際の相場は100万円前後になります。もちろん高価な機材を購入すれば、大幅に金額が上がりますし、安い機材を探してくれば費用も少なくてすみます。オープンタイプやセミオープンタイプからのリフォームは間取りの変更が必要です。うまくいけば、壁の取...

壁付型とは、キッチンの設置方法です。オープン型やセミオープン型は部屋のタイプですので、意味合いが異なります。壁付型は機材を壁を背にするようにして設置します。他に、アイランド型や一辺だけを壁に付ける設置方法があります。これらの設置方法は、配水管や排気ダクトなどの壁から離れる為に取り付けに費用がかかります。逆にいうと、壁付型の方が費用が安く済みます。メリットとデメリット壁側に配置するため、スペースを広...

キッチンのリフォームを行う時に、最近特に人気が出ているのがアイランド型のキッチンです。アイランド型というのは、アイランド(島)状に独立したキッチンのことで、もともと外国ではよく用いられていたキッチンの形状です。島部分にシンクやコンロなどの機能を設置する事ができますが、壁側にI型のキッチンを取り付けて、そこにシンクとコンロのどちらか又は両方を分離する場合もあります。両方とも壁側に設置した場合は、島部...

独立型のレイアウト多くの住宅では独立型のキッチンが一般的です。独立型ではI型やL型のシステムキッチンが壁付けでレイアウトされていて、リフォームの際にはそのまま交換する形式が多いです。この方法が最も費用が安くなります。キッチン購入費(相場は20〜100万円程度)+工事費(相場は20万程度)でしょう。次にレイアウトを変える場合は、機材の移動が必要ですが多くのケースで入り口やサッシの変更が必要となります...

使いやすいキッチンにリフォームをする方法。費用を掛ければよくなるというわけではありません。キッチンをリフォームする際に考えなくてはならないのが空間内の導線です。キッチンは自分が動きやすいということが一番ですが、自分の作業内容をよく考えることで満足のいくリフォームにすることができるのです。キッチンの空間内の導線は主婦にとってとても重要なことなのです。自分が料理を始める際に一番初めに何をするかによって...

キッチンの広さも使い勝手に影響する要素です。独立型の場合は、必要な機材を配置しつつ家全体の広さや奥様との力関係などを考慮していけば自然と決まっていきます。費用をめいっぱい使って大きな冷蔵庫や収納スペースを増やせば部屋は広くなりますし、必要最低限の設備があればいいのならば狭くてもよいでしょう。ただ、家の中で最も重要な場所なので、できれば費用を一番掛けて欲しいところです。セミオープン型はリビング・ダイ...

毎日家族の食事作りをするキッチンは、食材や調理道具など様々なものを収納するスペースです。生鮮品から保存食材までありとあらゆる食材を置く場所でもあるため、どこに何があるかを把握しやすい収納を心がけることが、使いやすいキッチンにするコツです。リフォームする際には収納が足りないからとむやみに収納スペースを増やすのでは費用が無駄になってしまいます。まずは本当に必要なものなのかどうか、調理器具なども点検して...

キッチンをリフォームする際に、掃除がしやすいかどうかというのはかなり重要なポイントになってきます。毎日食品を扱う場所なので、キレイに保っていた方が衛生的にもいいですし、梅雨の時期は食中毒も出さずに済みます。そのためにはキッチンにある程度の広さがあることがポイントです。リフォームしてもキッチンが狭いと、しまいきれなかった家電などが床に置かれてしまうことになりますので、床掃除がしにくくなってしまいます...

毎日家族のために料理を作ったりお弁当を作ったりするキッチンは、特に主婦にとっては使いやすい空間にリフォームしたいと考える場所です。狭くて使いづらかったり、逆に広さは十分にあるのに、なぜだか使いにくい空間だったりと、使いやすくて料理のしやすいキッチンにリフォームしたいと考える人は少なくありません。使いやすいキッチンにする為に、メーカーから便利なオプションが販売されています。費用はそれなりに掛かります...

キッチンを使い勝手が良いようにリフォームする場合、使う人の身長を考慮して高さを決めます。少し前まではシンク台を80pにするリフォームが多かったのですが、最近は背の高い主婦が増えてることから85から90pにする家庭が増えてます。また、まな板を置くとその分の高さが変わるため、設計前にまな板を置いてから高さを決めるとうまくいきます。リフォーム後のキッチンを使用するのが高齢者ですと、バリアフリー仕様にした...

分譲マンションや建売分譲住宅はもちろん、建築時には設備選びからこだわった注文建築でも住み始めると、気分を変えたり、使い勝手を向上させるためにリフォームをしたくなります。リビングや寝室のリフォームでは内装など、見た目の変化がメインですが、キッチンやバスなど、水回りのリフォームでは使い勝手も変わって、より効果を実感することができます。キッチンのリフォーム設計に際には、家族の中で普段一番利用する人の意見...

安易な見積もり依頼は危険です!

例えば、こんなリフォーム会社に見積もりを依頼すると・・・
詳しくはこちら
↓↓↓↓

 

リフォームアンケート企画タイトル

リフォーム満足度調査 相見積もりをした人の本音は?

ぶっちゃけ相見積もりした方がいいのか?


先輩リフォーム経験者からのアドバイスと体験談

リフォームしてみた感想を聞いてみました。


 

(2017年8月集計)