工事完了後のチェック

 

リフォーム工事が完了したら「竣工検査」をおこないます。

 

「竣工検査」とは、工事の仕上がりをリフォーム業者の担当者と一緒にチェックすることです。

 

「竣工検査」がOKならば、「工事完了確認書」を取り交わして工事終了となりますが、これは仕様どおりに工事が完了したことを証明する書類です。
後で不具合や、仕様どおりに仕上がっていないことが分かったとしても、その不具合が工事によって発生したのか、工事後に自分で変更していないか、などを証明するのに時間がかかります。

 

また、傷なども工事中のものか証明するのは難しいでしょう。

 

その為、修理してもらうのに時間がかかったり、長期間交渉しないといけなかったりと良いことがありません。

 

「竣工検査」でしっかりと確認してから「工事完了確認書」を渡すようにしましょう。

 

「後で直すので工事完了確認書を書いてください」

 

と言うのもNGです。

 

「工事完了確認書」は必ず修理が終わってから取り交わしましょう。

 

「竣工検査」チェックポイント

 

箇所 ポイント

内装

・壁紙は指定したものか。波打っていないか。

・床材は指定したものか。きしまないか。傾きが無いか。
・傷は無いか。

建具

・窓やドアの動きは良いか。勝手に開いたり閉じたりしないか。

・傷は無いか。

収納

・指定した形・物になっているか。

・扉の開閉に無理はないか。
・傷が無いか。

スイッチ・コンセント

・指定した場所に設置されているか。

・スイッチのON・OFFで動作するか。
・コンセントは機能しているか。

照明

・指定したものが取り付けられているか。

・位置は正しいか。
・スイッチのON・OFFで動作するか。

機器

・指定したものが取り付けられているか。

・位置は正しいか。
・スイッチのON・OFFで動作するか。
・水漏れ・異音等の不具合は無いか。

外壁・屋根

・指定した色・材質か。

・色むらや塗り残し・剥がれ落ちなど無いか。

管理人

管理人・書いた人:カナザワ
外壁塗装で失敗した経験を活かしてリフォームについて調べた知識を書いています。
>>私のリフォーム体験談



 

リフォームアンケート企画タイトル

リフォーム満足度調査 相見積もりをした人の本音は?

ぶっちゃけ相見積もりした方がいいのか?


先輩リフォーム経験者からのアドバイスと体験談

リフォームしてみた感想を聞いてみました。


 

(2018年2月集計)