防犯対策もしっかりと

 

空き巣などの住居に侵入される事件が後をたちません。

 

そればかりか凶悪犯罪へと発展するケースも増えています。

 

リフォームを期にこれらの犯罪から身を守るために、防犯対策もするようにしましょう。

 

侵入者の目線で家をチェック

防犯対策は、侵入者の気持ちになって自分の家をチェックすることが大事です。

 

ドアノブ

どうすれば2階へ侵入できるかを考え、思いついたら実行できないように対策を考えます。

 

足場になりそうなものがあったら、移動など利用できないように工夫しましょう。

 

また、高い壁は侵入者にとって入りやすい気持ちにさせます。

 

一度内側に入ってしまえば外から見えないので安心できるからです。

 

プライバシーを気にして壁を高しているという理由があるのでしょうが、ここはあえて壁を低くしてみるのも防犯対策としては有効です。

 

ドア・窓の防犯対策

家への侵入は6割が窓からとなっています。

 

また、侵入に5分以上かかると諦めることが多いといわれています。

 

窓に鍵を2箇所取り付けたり、防犯合わせガラスなどの防犯性能の高いものに変えるなどの対策をします。

 

費用的にきついならば、防犯フィルムを使用するのも良いでしょう。

 

防犯カメラを設置するのも良いでしょう。

 

見えないように設置した方が犯人を油断させられると思う人もいるかもしれませんが、これは間違い。

 

防犯カメラは見えるように設置します。

 

形状も人目でカメラだとわかるものが良いでしょう。

 

こうすることで侵入するのを諦めさせることができます。

 

CPマーク

CPマークは防犯性能の高い建物部品に付けられるマークです。

ドアや窓、シャッター関係の3種類の部品があります。
防犯性能を上げるために、このような部品を使用すると良いでしょう。

 

 

リフォームの適正費用は複数の会社で確認しましょう



タウンライフリフォーム

あなたの街の国家基準を満たしたリフォーム会社が多数登録

  • 3分の入力でプランをもらえる
  • 複数のリフォーム専門家がアドバイス
  • 全くわからない人でも安心

「ダウンライフリフォーム」をおススメするのは理由があります。

その理由はこちら

タウンライフリフォーム:一括見積もりサイト紹介と感想

 

リフォームアンケート企画タイトル

リフォーム満足度調査 相見積もりをした人の本音は?

ぶっちゃけ相見積もりした方がいいのか?


先輩リフォーム経験者からのアドバイスと体験談

リフォームしてみた感想を聞いてみました。


 

(2017年9月集計)