オール電化リフォームとは?

 

IHクッキングヒーター

キッチンのコンロや給湯器、ストーブなどの冷暖房。

 

家庭で使用する全てのエネルギーを電気にすることを「オール電化」と呼びます。

 

リフォームの際にオール電化にする家庭が増えています。

 

火を使わないので火事の心配が無く、空気を汚しません。

 

安全なので、高齢者や子供でも安全に利用することができます。


夜間割引サービスなどの「お得な電気料金プラン」を利用することで、「電気+ガス」と比較して生活に必要な費用を削減できます。

 

オール電化のメリットとデメリット

メリット
  • 光熱費の削減が出来る

     

    オール電化に最適な料金メニューとして各電気会社で用意されているプランは、夜間の電気料金が非常に安く設定されています。

     

    主に昼間働いていて、夜間に帰宅する生活を送っている人には十分な恩恵を受ける事ができます。

     

    その反面、昼間の料金は夜間と比較して倍以上となっているので、昼間の電気使用量が多い人はライフスタイルの見直しや、昼間電気を使用しない工夫が必要となります。

     

  • 火災になりにくい

     

    オール電化住宅で使用するコンロは「IHクッキングヒーター」です。

     

    「IHクッキングヒーター」は炎が出ないので、火による火傷や衣服への燃え移りがありません。

     

    また、空気を汚染することが無く、二酸化炭素を排出量を減らすことができるので、とてもクリーンです。

     

    ただし、火を使用していないと言っても、熱で調理することには変わりがありません。

     

    ヒーター部やフライパンなどの調理器具は高熱となっているので、火傷や条件によっては衣服への引火もありますので、十分な注意が必要です。

     

    空気を汚さないことから、キッチンをオープン型セミオープン型にリフォームした際に、オール電化を選択する方法もあります。

     

  • 光熱費の支払いが楽

     

    ガスを使用しないので、ガス料金が必要ありません。

     

    電気料金のみの支払いでOK。

     

    また、ガス器具の故障の心配もありません。

     

  • ススがでないので掃除が楽

     

    「IHクッキングヒーター」は炎が出ないので、こびりついたら取り除くのが難しいススで汚れることがありません。

     

    そのため、比較的容易にキレイで清潔なキッチンを保つことができます。

     

 

デメリット
  • ライフスタイルによっては光熱費が増える

     

    昼間メインの生活など、電気料金が高い時間帯に電気を多く使用すると、光熱費が増加します。

     

     

  • 火力が足りない

     

    中華料理などの大きな火力が必要な場合、火力不足になることがあります。

     

     

  • 停電に弱い

     

    停電になると電気を使用できないので、何もできません。

     

     

  • 火が身近に無い

     

    火を実際に見て感じる事が無くなるため、子供に火は怖いものだと教える機会が減ります。

     

     

  • 電磁波の影響がある

     

    オール電化機器は電磁波が出ています。

     

    必ず人に影響を与えるわけではありませんが、ペースメーカーを使用している人や妊娠中の人などは十分な注意が必要です。

     

     

  • 火を使ったほうが料理がうまく感じる

     

    科学的に証明されていませんが、ガスの炎を使って調理した料理の方が美味しいと感じる人がいます。

     

     

  • ガスに戻れない

     

    一度オール電化にすると、ガスに戻すのは用意ではありません。

     

    特に新築でオール電化だった場合、ガスの配管が引き込まれていないので大規模な工事が必要です。

     

オール電化とガス、両方に良い点と悪い点があり、どちらが優れているとは言えません。
一度オール電化にリフォームすると、ガスに戻すのが難しいので、自分のライフスタイルと費用を考えて、導入を検討しましょう。

 

IHクッキングヒーター

IHクッキングヒーター」は、火の心配や空気を汚さないので、キッチンとリビングを一体にした間取りに適しています。

 

子供と一緒に料理をしたり、ホームパーティーなどで友達を呼んでみんなで料理など、安全に楽しく時間を過ごすことができます。

IHクッキングヒーターの費用

機材の価格は安いもので4万円程度です。
高機能なものですと、数十万円のものもあります。
設置工事費用は、配線やブレーカーの取り付けなどで4万円から10万円程度です。

 

IHクッキングヒーターの設置

IHクッキングヒーター」は、200ボルト用の電気配線が必要です。

 

通常の家庭の配線は100ボルトです。

 

200ボルト用の電気配線は、家の近くや分電盤まできていることが多いので確認してみましょう。

 

分電盤の中に3本の線があれば、200ボルトを使用できます。

 

無い場合は電気工事も合わせて必要となります。

 

100ボルトの配線は単層2線式といって2本の線で電力を機器に送ります。

 

オール電化機器を使用するには3本線の単層3線式に変更することで、100ボルトと200ボルト両方を使えるようになります。

 

その際、場合によってはアンペア契約を増加する必要があります。

 

 

100ボルトと200ボルトはコンセントの形状が異なります。

 

それゆえ、100ボルト用のコンセントを使用できないので、新たに200ボルト用のコンセントを設置します。

 

 

IHクッキングヒーターで使用できる材質

IHクッキングヒーター」は、鍋やフライパンで使えるものと利用できないものがあります。

 

IHクッキングヒーターは電磁波で加熱する調理器具です。

 

その為電気を通さない材質を加熱できません。

 

 

 

【IHクッキングヒーターで使用できる材質】
材質 形状
IH向き

鉄、鉄ホーロー、鉄鋳物、ステンレス

トッププレートに密着する形状。
底が平らで、直径が10〜30cm程度のもの

IH不向き

ガラス、アルミ、銅、土鍋、など

底が丸いもの。

 

 

IHに対応した土鍋も販売されていますが、炎による加熱と比較すると温まりにくいようです。

 

鍋を家族で囲む時は、卓上のコンロがおすすめです。

 

 

エコキュート

エコキュート」は「ヒートポンプ」という技術を使用してつくられた給湯器です。

 

「ヒートポンプ」とは空気の持つ熱を集めて、お湯を沸かす事ができます。

 

その際に使用する電気エネルギーの3倍以上の熱を作り出すことができます。

 

「ヒートポンプ」は冷蔵庫やエアコンで使用されていますが、「エコキュート」は冷媒にCo2を使用する点が異なります。

 

エコキュートの選び方

 

エコキュート」は熱を作り出す「ヒートポンプユニット」とお湯をためておく「タンク」でできています。

 

電気料金が割安な夜間にお湯を沸かして「タンク」に貯蔵し、朝と昼にお湯を使います。

 

「エコキュート」を選ぶ時は、貯蔵したお湯を使い切るのが、無駄な電力消費が無く経済的です。

 

家族の人数や一人当たりの使用量、来客の多さなどでサイズを検討しましょう。

 

エコキュート」は設置に一畳ほどのスペースが必要です。

 

また、深夜に使用するので運転音や振動が近隣の迷惑にならないように配慮する必要があります。

 

 

太陽光発電との組み合わせ

昼間の電気使用量が多い家庭では不利になってしまう「オール電化」ですが、「太陽光発電」と組み合わせることで、少し解消されます。

 

電気料金が割高な昼に、「太陽光発電」でつくった電気を使用し、電気が余れば電力会社に売ることもできます。

 

ただし、導入コストが高いのが問題点です。

 

昼間の電気使用量が多く「太陽光発電」の発電量以上の電気が必要になると電気代の節減とならず、導入コストに見合わない結果となってしまいます。

 

太陽光発電」の導入は慎重に検討する必要があります。

リフォームの適正費用は複数の会社で確認しましょう



タウンライフリフォーム

あなたの街の国家基準を満たしたリフォーム会社が多数登録

  • 3分の入力でプランをもらえる
  • 複数のリフォーム専門家がアドバイス
  • 全くわからない人でも安心

「ダウンライフリフォーム」をおススメするのは理由があります。

その理由はこちら

タウンライフリフォーム:一括見積もりサイト紹介と感想

 

リフォームアンケート企画タイトル

リフォーム満足度調査 相見積もりをした人の本音は?

ぶっちゃけ相見積もりした方がいいのか?


先輩リフォーム経験者からのアドバイスと体験談

リフォームしてみた感想を聞いてみました。


 

(2017年9月集計)