> リフォーム中の生活

失敗しないために・・・

知らなかったら、50万円損していました。 >> 私がやったこと
 

リフォーム中はどこで生活するのか

 

リフォーム業者に、工事中の生活はどうするか質問されて、

 

「引越しとかめんどうなので、このままやってください」

 

と答えました。

 

騒音やホコリに耐えて数ヵ月後、やっとの思いで工事が終了しました。

 

検査中に業者の社長がつぶやきました。

 

「引越ししてたらもっと安くできてたんだけどな・・・」

 

という話を以前聞きました。

 

荷物

家主は、引越しをした方が安いことを聞いていたら引越しをしていたでしょう。

 

ですが業者の社長は、家主が言っているのだからそれでいいのだろうと説明をしませんでした。

 

これは極端な例ですが、工事中に住むかどうかは費用に影響する場合があるので、よく検討する必要があります。

 

引越ししたほうが良いケース

リフォームの期間が長期になる場合はウイークリーマンションやアパートで仮住まいした方が、費用が安くなるケースがあります。

 

規模が大きい場合、住んでいる人の生活を守るための作業が必要となってきます。

 

住みながらリフォーム

その作業のために工期が延びますので、その分費用が追加されます。

 

大規模なリフォームの場合は特に、気を使って工事をするので工期がさらに延びることになります。

 

逆に引越しをして無人の状態で工事をした場合、住んでいる人の心配をしなくて良いので期間も短くなり費用も安くなります。

 

ですが、引越し費用と家賃がかかりますので、どちらが得かは試算した上で決めると良いでしょう。

 

また、住みながらのリフォームは非常にストレスが溜まります

 

騒音もさることながら、知らない人間が出入りしているのでプライベートの確保が難しいのです。

 

その事も気持ちの上に留めて置いてください。

 

安易な見積もり依頼は危険です!

例えば、こんなリフォーム会社に見積もりを依頼すると・・・
詳しくはこちら
↓↓↓↓

おすすめサイト紹介

●(一括見積もり) タウンライフリフォーム●

 

リフォームアンケート企画タイトル

リフォーム満足度調査 相見積もりをした人の本音は?

ぶっちゃけ相見積もりした方がいいのか?


先輩リフォーム経験者からのアドバイスと体験談

リフォームしてみた感想を聞いてみました。


 

(2017年8月集計)