> 介護しやすいようにリフォームしました・・・

【特集】私の知人の風呂リフォーム体験記

先輩リフォーム経験者からのアドバイスと経験談14

リフォーム体験談タイトル

タイトル:

家族で介護
『介護しやすいようにリフォームしました』


 

@どんな内容のリフォームですか

 

3年ほど前に、義父母宅を介護がしやすいようにリフォームを行いました。

 

傷んでいた廊下の床と部屋の入り口の段差解消、洗面所と浴室の全面リフォーム、トイレの車椅子利用対応リフォーム、玄関の手すりつけをしました。

 

A工事費は概算でいくらですか

 

200万円

B体験談を教えてください

 

我が家の隣に住む義父母宅は築40年経つ一軒家で、高齢になってバリアフリーにしたい箇所が出てきて、義父母のためと介護がしやすい環境作りのために、介護保険サービスを利用してリフォームを実施しました。

 

依頼先は、介護保険指定業者を選ばなくてはならず、いくつかから、パナソニック系列にしました。

 

工事は約一週間の工程でした。

 

事前に詳しい予定表を頂き、工事に合わせてヘルパーさんを追加利用しました。

 

リフォームに踏み切ったのは、これまで男性用トイレと和式トイレに洋式を被せた二つのトイレがあったのを、車椅子でも使いやすい広いトイレにリフォームしたかったのが、1番の理由でした。

 

業者さんは、毎日介護が必要な義父母を気遣いながら、工事を進めてくれて、非常に丁寧な作業でした。

 

作業後に毎日玄関を綺麗に掃除して帰られていたのを覚えています。

 

養生も徹底されていました。

 

トイレが数日使えなかったり(ポータブルを用意しました)、水が使えない時間があったので、工事の進行具合を細かく教えていただき、助かりました。

 

完成後は、トイレも洗面所も床が掃除しやすく、段差もなくなり、安全で使いやすくて、気に入っています。

 

お風呂も手すり付きにして、ボタン一つでお湯を張れるようにしたので、義父が喜んで入浴していました。

 

 

Cこれからリフォームをする人のアドバイスをお願いします

 

工事の際は、業者さんのきめ細かい対応がカギだと思います。

 

打ち合わせをしっかり行い、任せて安心できる方を選ぶことが大切です。

 

また、仕上がりのイメージや必要性をきちんと話してくれる業者選びか、気持ちいいリフォームのための条件です。

 

使い勝手だけでなく、人としてのつながりを、ひしひしと感じるリフォームは、家を育てていく楽しみですので、業者選びは1番のポイントだと思います。

 

 

家のイラスト
管理人

管理人・書いた人:カナザワ
外壁塗装で失敗した経験を活かしてリフォームについて調べた知識を書いています。
>>私のリフォーム体験談



 

リフォームアンケート企画タイトル

リフォーム満足度調査 相見積もりをした人の本音は?

ぶっちゃけ相見積もりした方がいいのか?


先輩リフォーム経験者からのアドバイスと体験談

リフォームしてみた感想を聞いてみました。


 

(2018年7月集計)