> 骨組みを残して大規模リフォーム・・・:リフォームの体験談とアドバイス

失敗しないために・・・

知らなかったら、50万円損していました。 >> 私がやったこと
 

先輩リフォーム経験者からのアドバイスと経験談8

リフォーム体験談タイトル

タイトル:

家の骨組み
『骨組みを残して大規模リフォームしました』


 

@どんな内容のリフォームですか

 

リフォームの内容は、一階については、骨組を残して、外壁、屋根、内装の床、天井、壁、建具の内装関係、電気設備、水道設備、ガス設備、空調設備の取り換え、お風呂のユニットバス化を行いました。二階は、天井、壁、床の内装改修を行いました。

 

 

A工事費は概算でいくらですか

 

1000万円

B体験談を教えてください

 

今回のリフォームで、経験したことや、思ったことは、ます業者の選定については地元工務店とリフォーム専門会社の二社に絞り見積もりをしました。
ここで思ったのはリフォームを行う意義です。

 

ただ見た目できれいにするのか、建物全体のバランスを考慮しそれらを手をかけてリフォームするか考えることです。
すなわち電気、水道、ガスのライフラインや、雨、風を防ぐ外部工事を含めて行うかです。

 

それらを考慮して業者の選定をする必要があります。
業者にヒアリングを兼ねてそれらを考慮して地元の工務店に工事をお願いしました。

 

工事については、痛感したのは、工事が始まったら動きだすのではなく、工事の前にほとんどのことを決めることが必要であると分かったことです。
そのため工事計画、使用材料の決定、配置の決定など現物をみながらでなくて、図面の中でさまざまなことを決めるというたくさんの仕事があることです。

 

業者も大変ですが施主も大変だと痛感しました。
工事中は業者のかたも、場面場面で既存の状態を説明してもらえ、また問題になりそうなところは、過去の経験を踏まえて提案をしてもらえたり、収納も実際に入れるものをヒアリングしてもらえ、実際の生活する仕様に合わせてもらえたのでよかったです。

 

 

Cこれからリフォームをする人のアドバイスをお願いします

 

これからリフォームをされる方にアドバイスは、まず予算ですが1割以上は、必ずかさむので余裕を持って資金計画することをお勧めします。
また工事が始まったら解体が終わるころに既存の建物の状態を業者さんとよく診断することをお勧めします。

 

 

家のイラスト

安易な見積もり依頼は危険です!

例えば、こんなリフォーム会社に見積もりを依頼すると・・・
詳しくはこちら
↓↓↓↓

おすすめサイト紹介

●(一括見積もり) タウンライフリフォーム●

 

リフォームアンケート企画タイトル

リフォーム満足度調査 相見積もりをした人の本音は?

ぶっちゃけ相見積もりした方がいいのか?


先輩リフォーム経験者からのアドバイスと体験談

リフォームしてみた感想を聞いてみました。


 

(2017年8月集計)