> リフォームの基礎知識

失敗しないために・・・

知らなかったら、50万円損していました。 >> 私がやったこと
 

リフォームとは?

 

持ち家を持っている人にとって、長く住み続ける為にリフォームは欠かせません。

 

古くなった家を建て直すには数千万円という費用が必要です。

 

一般的に新しく購入する場合は住宅ローンを活用しますが、これは約30年も掛けて支払っていくもの。

 

現在の一般の経済状況の低下や、終身雇用が崩壊している状況で、果たして完済できるのかという不安からリフォームを選択する場面も増えています。

 

一方、外壁の塗りなおしや屋根の葺き替えなどのメンテナンスも重要です。

 

これは住宅を長期間維持していく為に必要な事で、最低限行っていくべきです。

 

このメンテナンスも小さなリフォームと言えます。

 

外壁の材質や色を変えれば、住んでいる人の気持ちも新しく変わるでしょう。

 

さて、リフォームにはメンテナンスの他にも規模に応じていくつかの種類があります。

 

【リフォームの種類】
メンテナンス・修繕 家の劣化等により痛んでしまった場所を補修する。

又は劣化を防ぐ為の処置を行う。
外壁の再塗装など。

費用

 

上矢印

模様替え・改装 間取りを変更せずに内装や外装を変更する。

壁紙の張替えなど。

 

改築 本来の意味(建築基準法)では、建物があった位置にほぼ同じ建物を建て直す事。

一般的には、床面積を維持したまま間取りの変更を伴う工事を行う事。

増築・減築 床面積の変更を伴う工事。

増やす場合は増築。
減らす場合は減築。

下矢印

 

 

増築は届出が必要

増築は役所に建築確認と完了検査を申請する必要があります。

 

場合によっては必要がないのですが、基準を理解するのが困難なのでリフォーム会社の担当者や役所に問い合わせて確認をしましょう。

 

また、建物の床面積が変更したことなどに対して建物表題変更登記を行わなければなりません。

 

不満足を満足に変える

日ごろ不便だと感じている事や不満に感じている事を解決してくれるのがリフォームです。

 

不満

キッチンが使いにくいので改善したい。

 

お風呂が寒いので暖かくしたい。

 

使っていない部屋があるので、壁を取り払って広い部屋にしたい。

 

改善できた上で今までと違う新鮮さを得る事ができれば成功と言えるでしょう。

 

ですが、

 

「特に不満は無いけれどテレビで見たアレがよかったから自分の家でもやってみたい」

 

という事なら、今少し考えて見ましょう。

 

流行や新しさだけを求めたものは実際のライフスタイルに合わない事があります。

 

最初は物珍しさから使用していても、飽きてきたり不便を感じたりした為に数年後には使用しなくなってしまうようなケースが多くあります。

 

予算が潤沢な場合は良いですが、そうでないならば本当に必要なのかを家族で話し合いましょう。

リフォームの基礎知識記事一覧

リフォームの中で、修繕やメンテナンスは定期的に行う必要があります。シロアリが発生していないかのチェックや、発生して被害を受けてしまったときの対処等は放置しておくと家の倒壊に繋がりかねません。また外壁の塗り替え時にひび割れを修繕などをこまめに実施すれば、家の寿命を延ばす事ができます。これらは欠かせないリフォームですが、このタイミングでその他の修繕を行う人も多くいます。修繕やメンテナンスをきっかけとし...

全面リフォームと新築柱等の建物の構造に必要なもの意外を取り払って行う全面リフォームは、費用が一千万円以上かかります。それならばと新築を考えるのも良いでしょう。ですが一つ注意点があります。建替えると床面積が小さくなる場合があります。法律の改正により敷地に対する床面積の割合が、以前家を建てた時よりも少なくなっているケースがある為です。家が狭く感じたので新築を考えたのに、建ててみたら前よりも狭くなってし...

マンションでは専有部分のみリフォームできます。マンションは一つの建物を区切って、多くの人や家族が住めるように設計されています。ここが一戸建てと異なる部分で、好きな部分を自由にリフォームする事ができません。マンションのリフォームは「建物の区分所有等に関する法律」という法律に従います。この法律の中で専有部分と共有部分とに区別されていて、共有部分はリフォームできません。リフォームをする際にはリフォームが...

基礎知識や必要な費用を知って、よりよいリフォーム計画をキッチンは奥様の仕事場。毎日の料理が楽しくなるようなリフォームをすることで、家事の負担をグンと減らすことができます。毎日家族のために料理するキッチンは油や水、調味料など、常にさまざまな汚れが付きやすく、よごれやすい場所です。リフォームによって汚れが取れやすい素材を使ったり、お手入れしやすい工夫を施すことで調理中に発生する様々な汚れの掃除をとても...

(※悪質な業者に騙されてしまったら>>)訪問販売を行うリフォーム業者には悪質な業者が多いので注意が必要です。特に一人暮らしのお年寄りを狙った詐欺的なリフォーム被害が増えています。突然訪問してきてリフォーム業者だと名乗り、「無料サービスで家の点検をしているのでどうですか」と言葉巧みに持ちかけます。家主が了承すると屋根に上ります。ですが実際には点検をしないで時間を見計らって降りてきます。そして、「瓦が...

リフォーム業者にも得意な事、不得意な事があります。一口にリフォーム業者といっても種類は様々です。元々はリフォーム以外を手がけていた業者がこの業界に参入するといったケースもあります。インテリア業者や設備・機器を取り扱っていた業者、不動産業者、工務店などその前身は様々です。その為、インテリア業者ならば内装などの交換は得意ですが、大規模なリフォームはあまり得意でないといったケースや、前身が工務店で大規模...

費用の見積もりを依頼する前に、どのようにリフォームをするのか要望をプランとして伝える必要があります。プランはあいまいだったり漠然としたものではいけません。「○○な感じにして欲しい」という要望は、頭の中には具体的なイメージがあるでしょう。ですが要望を受けた業者のイメージは当然のことながら異なっているので、リフォームの完成後に思っていたイメージと違うといったトラブルに繋がります。このようなトラブルを起...

ある基準を満たすリフォームをすると、補助金が支給されます。ほとんどが家の性能を上げる為の工事が対象となっており、間取りを変えるなどの生活の変化に対するリフォームでは適用が難しいのが現状です。ですが、リフォームをする際に補助金が支給される工事を盛り込む事で家の性能を上げることを考えてみるのも良いでしょう。補助金の中には、バリアフリーや省エネに関することもあるので、将来や今後の生活に役立つでしょう。補...

リフォーム業者に、工事中の生活はどうするか質問されて、「引越しとかめんどうなので、このままやってください」と答えました。騒音やホコリに耐えて数ヵ月後、やっとの思いで工事が終了しました。検査中に業者の社長がつぶやきました。「引越ししてたらもっと安くできてたんだけどな・・・」という話を以前聞きました。家主は、引越しをした方が安いことを聞いていたら引越しをしていたでしょう。ですが業者の社長は、家主が言っ...

リフォームをして、これからもずっと住んでいける家にしたい。そこに長く住んでいると、おのずと歳をとったときの対策が必要となってきます。歩くことが困難になって、今まで平気だった段差に躓いたり、転倒して足を痛めてしまうこともあります。また車椅子を利用するようになったら、外と内から車椅子に乗ったまま自由に出入りできるようにすると負担の軽減になります。「バリアフリー」は、お年寄りにもより暮らしやすく安全にす...

キッチンのコンロや給湯器、ストーブなどの冷暖房。家庭で使用する全てのエネルギーを電気にすることを「オール電化」と呼びます。リフォームの際にオール電化にする家庭が増えています。火を使わないので火事の心配が無く、空気を汚しません。安全なので、高齢者や子供でも安全に利用することができます。夜間割引サービスなどの「お得な電気料金プラン」を利用することで、「電気+ガス」と比較して生活に必要な費用を削減できま...

原子力発電が問題となっており、将来的に電力不足や料金値上げが懸念されています。そこで、個々の家庭で電力を賄う方法として「太陽光発電」に注目が集まっています。リフォームで家をオール電化にしたら、太陽光パネルを設置するとさらに恩恵を受けることができます。費用は標準的な4kWシステムで200万円以下で設置できます。「太陽光発電」は、屋根に設置した「太陽光モジュール(ソーラーパネル)」で太陽の光を直流の電...

「リフォームの費用と相場」の耐震診断の費用で地震が発生した時の家の耐久力調査について記載しました。診断をおこなうと診断書が作成されます。診断書は10数ページにもなり、家の耐震に関する情報が盛り込まれていますが、一般の人が読み解くのは困難でしょう。ですが、診断者が説明してくれるので心配ありません。診断書の見方診断書で確認するべきページは「総合評価」です。このページには「地盤」「地形」「基礎」の状態や...

新しい家と古い家では「断熱性」に大きな違いがあります。古い家を新しく建替えた人の多くが、冬の暖かさや夏の涼しさに驚きます。「こんなに違うの?」と声を出してしまうほどの差があるのです。断熱性の技術、特に住宅用が発達してきたのは、まだ最近の事です。省エネやエコが叫ばれ、法律や補助金などに後押しされたのが主な要因です。そして、リフォーム時にも「断熱化」を施すようになってきています。「暖房を付けているのに...

空き巣などの住居に侵入される事件が後をたちません。そればかりか凶悪犯罪へと発展するケースも増えています。リフォームを期にこれらの犯罪から身を守るために、防犯対策もするようにしましょう。侵入者の目線で家をチェック防犯対策は、侵入者の気持ちになって自分の家をチェックすることが大事です。どうすれば2階へ侵入できるかを考え、思いついたら実行できないように対策を考えます。足場になりそうなものがあったら、移動...

大規模なリフォーム、特に増改築をする時は法規制に注意しなければいけません。建物の床面積は上限が定められているため、自由に増やすことができないのです。増改築で床面積が10平方メートル増加するときは、役所で「建築確認申請」をしなければいけません。費用は申請手数料として、床面積に応じた金額を支払います。一般的な住宅でしたら費用は2万円程度です。建ぺい率と容積率建ぺい率と容積率の上限は家が建っている地区に...

見積もりをもらい、リフォームを依頼する業者を決めたら次は契約です。契約はリフォーム業者と施主との間で結び、工事内容や期間、金額などを取り決めます。これを「工事請負契約」と呼びます。一度契約すると一方的な都合による解約や中止ができなくなり、違約金などが請求されることもあります。契約する前には、プランや見積もり書をもう一度確認して、疑問点や変更したい点などある場合には、解決するまで契約しないようにしま...

YouTubeにはリフォームに関する動画が多数投稿されています。その中で、これはと思うものをピックアップしてみました。

初めてのリフォームは不安が多いですね。できれば他の人がどんなリフォームをしたのか、聞いてみたいです。そこで過去にリフォームをしたことがある経験者さんに、いろいろと聞いてみました。リフォームと一口にいっても規模や工事場所など人それぞれなので、状況が一致することは少ないと思いますが、何らかのヒントや後押しになると思います。この体験談は、設問形式でアンケートをとりました。@どんな内容のリフォームですかA...

このページは「先輩リフォーム経験者からのアドバイスと体験談」の2ページ目です。前ページはこちらこの体験談は、設問形式でアンケートをとりました。@どんな内容のリフォームですかA工事費は概算でいくらですかB体験談を教えてくださいCこれからリフォームをする人のアドバイスをお願いします。@とAをご覧いただければ、どれくらいの工事で費用がいくらなのかが分かる、かもしれません。BとCで注意する点などが見えてく...

安易な見積もり依頼は危険です!

例えば、こんなリフォーム会社に見積もりを依頼すると・・・
詳しくはこちら
↓↓↓↓

 

リフォームアンケート企画タイトル

リフォーム満足度調査 相見積もりをした人の本音は?

ぶっちゃけ相見積もりした方がいいのか?


先輩リフォーム経験者からのアドバイスと体験談

リフォームしてみた感想を聞いてみました。


 

(2017年8月集計)