> 結露対策のための内壁リフォームとは?カビに強い材質とは

部屋のリフォームをする時に知っておきたいこと

結露対策のための内壁リフォームとは?カビに強い材質とは

断熱材を入れて結露とカビ対策

マンションでリフォームする場合、最も多い悩みが結露とカビです。

 

特に壁紙には結露が発生しやすく、カビが生えることで壁紙が剥がれることがよくあります。これは断熱不足によって生じるのですが、中々対策するのが難しいことから、大きなストレスになります。

 

鉄筋コンクリートのマンションは気密性が高く、断熱性が低いので、結露にとっては好条件の状態です。結露は湿った空気が冷たい面に触れることで起きるので、冷たい面をできるだけ作らないようにしないといけません。

 

そのためには断熱材を入れると良く、断熱材が外気の熱を伝えにくくしてくれるので、壁の表面が冷たくなるのを抑えてくれます。


窓面を断熱する

 

結露しないようにするには、窓面を利用して温度を下げる工夫をして、窓面の断熱をするのも有効です。

 

窓の断熱をする場合、樹脂製の内窓を設けると効果的で、要するに窓を二重にすることで大きな効果が期待できます。

 

カビ対策として窓を使って断熱するのは有効な方法になりますが、あらかじめカビに強い材質を壁に施しておくという方法もおすすめです。内壁の仕上げ材を漆喰などの強アルカリの材料にすると結露対策になり、カビが生えにくい環境にすることができます。

 

漆喰は強アルカリ性なので、カビを生えにくくすることができるのです。

 

ただ、塗り壁だけでカビを完全に防ぐのは難しいので、できれば断熱とのセットで考えていきましょう。

 

室内の換気をまめにすることが大事

 

結露対策には内装材を替えるのが効果的で、カビを防ぐ内装材は塗り壁タイプがメインになります。

 

天然素材の塗り壁の代表格の珪藻土や漆喰は、結露対策のための内壁リフォームの材質にぴったりで、吸放湿性能を有しています。

 

珪藻土や漆喰は、カビの大敵である湿度を吸う性質があるので、カビの発生を抑制する効果が期待できます。

 

塗り壁を内壁リフォームとして利用する場合は、天然素材の中のカビに強い素材を検討しましょう。

 

カビに強い材質だけでカビの発生を完璧に防ぐのは難しいので、室内の換気を定期的にして風通しを良くし、湿気を放出することも忘れてはいけません。

 

換気をこまめにすることが何より重要なので、塗り壁だけでカビを発生させないようにするのではなく、除湿機などの導入を検討して室内の換気をまめにしていきましょう。

 

内壁リフォームする際、結露対策を考えるなら、

 

  • 壁に断熱材を入れる
  • 窓面で断熱する

 

などの工夫をすると良いでしょう。

 

漆喰などのカビに強い材質を使用するのも効果的ですが、完全に防ぐのは難しいので、まめに換気するように努めてくださいね。

 
管理人

管理人・書いた人:カナザワ

外壁塗装で失敗した経験を活かしてリフォームについて調べた知識を書いています。
>>私のリフォーム体験談

 

その他の内壁リフォームの記事

内壁リフォームというと壁の張替えや壁の移動、撤去などの作業があるので色々と面倒で、紙やクロスの交換は大変な作業になると思ってしまいます。どうしても大掛かりな作業イメージがありますが、実際には規模によってはそうでもありません。たとえば、クロスを貼りかえるだけの場合、作業は3日もあれば完了し、場合によっては1日で完了させることも可能です。家の全ての壁の貼り替えをするとなると時間は確かにかかりますが、壁...

長年家に住んでいると家が古くなってきて、あちこちに欠陥が出てきます。これは当然のことで仕方ないのですが、そうした場合に考えたいのが内壁リフォームです。リフォームするとより住みやすくなり、気分も一新することができ、新たなスタートを切ることにつながりますよ。予算にも限りがあるかもしれませんが、古い家のリフォームをする時は、間取り変更の内壁リフォームが適しています。1つの基準として家族構成の変化が挙げら...

内壁リフォームには色々な材質が用いられますが、住宅の居室によく使用されるのがクロスとも呼ばれる壁紙です。壁紙がよく利用されるのは、比較的安価で種類も多く、多用途に使えるからです。一般的な住宅の居室空間で最も多く使われる壁紙には、ビニールクロス、紙クロス、織物クロスなどの種類があり、それぞれで風合いが異なります。ビニールクロスは、ビニールシートに紙などを裏打ちしたもので、耐久性と調湿性か高く、色やデ...

内壁リフォームする場合、気になるのが予算ですが、仕上げの方法で異なります。壁材を変更する場合は、費用相場は5万円から18万円くらいで、壁紙が一番安くできます。壁紙には紙クロス、布クロス、ビニルクロスがありますが、デザインも豊富で耐久性が高く、工期が短くて費用も少ないビニルクロスが一番よく利用されています。ペイント塗装の場合、費用はやや高くなりますが、塗料による仕上げなので好みの色を作れるメリットが...

賃貸に住んでいる場合、DIYにより、原状復帰できる壁の簡単なリフォーム方法があります。賃貸住宅でもできる簡単なDIYの方法があるので、できる範囲内でやってみるといいでしょう。原状回復するために業者に依頼すると、その内容や使用する材料、工法や仕上げなどで変わりますが、リフォームの価格はそれ相応かかることになります。原状回復のためのリフォーム価格は、リフォーム業者によってバラつきがありますが、数十万円...

日本の伝統的な左官工法の漆喰壁を内壁に施すと、とても落ち着いた雰囲気になるので、質感のあるナチュラルな空間に変えることができます。高度な技術が必要とされる漆喰壁塗りは、通常、専門の業者に依頼する必要があるのですが、コツをつかめばDIYでも挑戦することが可能ですよ。壁面を塗る場合、一度に多くの量を必要とするので、自分でする時に一番大変なのが漆喰を水に溶く作業になります。溶液を最初に大量に作っておくの...

最近はとても便利になっていて、壁のリフォームと言っても面倒な張り替えをしなくてもいい方法があります。壁紙を剥がさなくてもプチリフォームが可能な、便利なウォールステッカーというシールがあります。簡単に剥がせるタイプなので賃貸でも使うことができ、おしゃれな部屋に変えることができるのです。ウォールステッカーはプチリフォームにピッタリのシールで、壁紙の上から貼ることができるので手軽に壁のリフォームが実現し...

内壁リフォームすると部屋が新しく生まれ変わるのでとても素敵なのですが、リフォーム後の新しい壁のニオイは気になるものです。きれいに改装してもニオイがなかなか取れないと悩んでしまいますが、そうした場合は炭を部屋に置いておくとよいでしょう。炭を置く場合は備長炭か竹炭がおすすめで、消臭効果が高く、部屋全体を消臭して除湿することが可能です。部屋に炭を置く場合、おしゃれなカゴなどに入れて置けば見た目的にもおし...

マンションでリフォームする場合、最も多い悩みが結露とカビです。特に壁紙には結露が発生しやすく、カビが生えることで壁紙が剥がれることがよくあります。これは断熱不足によって生じるのですが、中々対策するのが難しいことから、大きなストレスになります。鉄筋コンクリートのマンションは気密性が高く、断熱性が低いので、結露にとっては好条件の状態です。結露は湿った空気が冷たい面に触れることで起きるので、冷たい面をで...

壁紙クロスは安価で購入しやすく、高機能な商品が沢山流通しているので、内壁材として人気で主流になっています。汚れがついても気にならない壁紙は、子供部屋にもピッタリで、白い無地のクロスは特におすすめです。ホワイト系クロスは部屋の印象を大きく変えることができ、模様替えしやすいメリットもあり、何と言っても見た目の清潔感が抜群です。子供部屋は汚れやすいので、シミなどが目立ちやすい白い色は敬遠しがちですが、最...

 

リフォームアンケート企画タイトル

リフォーム満足度調査 相見積もりをした人の本音は?

ぶっちゃけ相見積もりした方がいいのか?


先輩リフォーム経験者からのアドバイスと体験談

リフォームしてみた感想を聞いてみました。


 

(2018年2月集計)