相見積もりで取った見積もりの比較方法

 

複数のリフォーム業者に相見積もりを依頼して、見積もり書が提出されたら比較をします。

 

見積もり比較

リフォームに費用がいくらかかるかが、最大の関心事なので「工事総額」に目が行くでしょう。

 

ですが、「工事総額」だけを比較したのでは本当に安いのか判断できません。

 

「工事総額」が一番低いとしても、使っている材料や機材が一番低いランクだとしたら、そうなるのは当然でしょう。

 

そもそも、工事内容が異なっていたら「工事総額」も異なります。

 

工事範囲の確認

最初に、見積もりが要望に沿ったものであるか確認します。

 

図面を見て、どの部分をリフォームするかチェックします。

 

要望が満たされているかはもちろんですが、要望していない範囲までリフォーム対象になっていないかも要チェックです。

 

疑問点があったら必ず確認しましょう。

 

要望していないことも、何故見積もりに入っているか聞いて、納得できるなら採用するのも良いでしょう。

 

工事内容の比較

次に工事内容の比較をします。

 

同じことをするにも、複数の方法があります。

 

例えば、フローリングの張替えで、「床材を一度剥がしてから張り替える方法」と「既存の床の上に重ね張りする方法」では後者のほうが費用が安くなります。

 

見積もりを比較すると、異なるアイデアがあることがわかりますので、そのような方法にした理由などを聞いてみると良いでしょう。

 

機材・材料の比較

機材や材料を比較します。

 

同じ対面キッチンでも、「L型」や「アイランド型」であったり、キャビネット扉やワークトップの材質で費用が大幅に異なります。

 

フローリングや壁も同様に、材料によって異なります。

 

機材や材料を指定してある場合は、要望どおりになっているかどうかを確認してから金額を比較しましょう。

 

 

凝ったリフォームをするには手間がかかります。
手間がかかると工期が長くなるので人件費が増え、工事費用がアップします。

 

材料が同じでも、手間がかかる作業は費用が高いのです。

 

「○○%オフ」などの割引には注意しましょう。
これは定価からの割引価格ですが、リフォーム業者で機材を定価で売る業者はありません。
最初からオフ価格なのです。

 

機材の見積もりが安いかどうか判断するには、同じグレードの価格帯を調べてみましょう。
インターネットで型番などで検索してみたり、ショールームなどへ出かけて価格を調べてみるのも良いでしょう。

 

管理人

管理人・書いた人:カナザワ
外壁塗装で失敗した経験を活かしてリフォームについて調べた知識を書いています。
>>私のリフォーム体験談



 

リフォームアンケート企画タイトル

リフォーム満足度調査 相見積もりをした人の本音は?

ぶっちゃけ相見積もりした方がいいのか?


先輩リフォーム経験者からのアドバイスと体験談

リフォームしてみた感想を聞いてみました。


 

(2018年2月集計)