> 見積もりについて  

失敗しないために・・・

知らなかったら、50万円損していました。 >> 私がやったこと

 

 

相見積は、日本全国から有名無名問わず厳選されたリフォーム業者に見積依頼できるサービスを利用しましょう。

 

↓メリットはこちら↓
@実績のある業者が登録されているので安全
A業者を探す手間が省ける
B1回の依頼だけで済む

 

>>おすすめ見積もり依頼サービスについてはこちらをクリック

 

 

失敗しない見積もりの取り方

 

リフォームには相場がありますが、希望する内容やグレード、床や柱の痛み具合などの違いで、相場より費用が高くなることも、低くなることもあります。

 

その為、実際に必要な費用はリフォーム業者に「見積もり」をしてもらうまでわかりません。

 

ですが、「見積もり」の取り方を間違えるとリフォームに失敗することがあります。

 

内容が曖昧だった為に希望したリフォームにならなかったり、安さに引かれて契約した業者が悪徳業者だったなどが挙げられます。

 

では、失敗しない為には、どんな点に注意したらよいのでしょうか。

 

要望を明確にしておく

見積もりをもらう前に、どのようにしたいのか話し合い、リフォームの要望を明確にしておきます。
(関連リンク:失敗しないプラン作成

 

要望があいまいなままだと担当者にイメージが伝わらず、満足できる結果になりません。

 

また、担当者が判断に悩み、「とりあえず」と思って選択したものが最後まで残ってしまい、リフォーム後に「こんなはずではなかった」とお互いに後悔することもあります。ムダな費用だったと思うかもしれません。

 

要望を明確にして、正確にイメージを伝えられるように準備しましょう。

 

また、予算も伝えておきましょう。

 

費用が予算よりオーバーする場合、予算内に収まるような提案を期待できます。

 

詳細な見積もりをもらう

業者に依頼して、「これなら○○万でできるよ」と口頭で言われても、しっかりと書面で出してもらいましょう。

 

それができない所は、安くできてもその金額で請求しないで最初に言った金額で請求してきます。

 

それ以上の費用がかかったら、追加料金として請求してきます。

 

結局のところ、損をすることになります。

 

今回のリフォームで費用がいくら必要なのかを、紙面でもらいましょう。

 

その内容が詳細であるかどうかも重要です。

 

「○○一式」と一まとめに書かれているものは、もう一度見積書を出してもらいましょう。

 

それが出来ない所とは契約しないほうが良いでしょう。

 

詳細な見積もりとは、それだけでリフォームの内容がわかるものです。

 

キッチンの床材は何を使用するのか。

 

どのような工法でおこなうのか。

 

システムキッチンはどのメーカーのどの製品を入れるのか。キャビネット扉やワークトップなど素材な何か。

 

見積もりを見ただけで、工事内容がわかるくらいに細かく書いてもらいます。

 

説明をしてもらう

出してもらった書面をもとに、内容の説明をしてもらいます。

 

事前に目を通し、疑問点をメモしておきます。

 

ポイントは、「たぶん○○だろう」と自分で納得しない事。

 

「フローリングの材質が書いてないけど、この前伝えておいたから、たぶん大丈夫だよな」

 

と納得しないで担当者に確認して、記載するように依頼しましょう。

 

記載するように依頼する理由は、仕上がりが他の素材だった場合、リフォーム会社に「そのようなことは聞いていない」や「打ち合わせでこれに変更した」と言われても証拠がないので証明できないからです。

 

見積もり書のほかにも「仕上げ表」なども証拠になります。

 

契約する前に、これらをしっかりと確認しましょう。

 

また、説明をする担当者を良く観察しましょう。

 

あいまいな説明をしたり、しぶる担当者は要注意です。

 

その他、態度やマナーなどを契約先選択の判断にしましょう。

 

相見積もりを依頼する

複数の業者を同時に相手にするのは、失礼な事だと思うかもしれませんが、一般的におこなわれていることです。

 

中には、「ウチ以外にも依頼するなら受けない」という業者もいますが、そういった所とは契約しないほうが賢明でしょう。

 

職人気質でいい会社だと感じる人もいると思います。

 

ですが、他と比較されるのを拒否するのは、何か理由があると思った方が無難です。

 

 

 

見積もりは全社同じ内容で依頼します。

 

要望を伝えやすいように、書き出した要望をコピーしておきましょう。

 

同じ要望を出したとしても、その要望を実現する為のアイデアは異なります。

 

気に入ったアイデアがあったら、そこに依頼するのも一つの手です。

 

各社から見積もりが取れたら、内容を比較します。

 

その中で一番良いと思った業者と契約しましょう。

 

見積もりを依頼する業者は異なったタイプを選びます。

 

大手だけでなく中小の会社をバランスよく選びます。

 

そのようにする事で、いろいろなアイデアやプランがでてきます。

 

依頼した所には、相見積もりをしていることを伝えましょう。

 

ライバル意識をもって頑張ってもらうことを期待できます。

 

その為予算を伝えてあったとしても、足元を見て費用をごまかすことが防げます。

 

ただし、他と比較して過度の値引きをお願いするのは止めましょう。

 

仕様のグレードダウンや、手抜き工事になりかねません。

リフォームの見積もりが成功するかどうかの第一歩です記事一覧

複数のリフォーム業者に相見積もりを依頼して、見積もり書が提出されたら比較をします。リフォームに費用がいくらかかるかが、最大の関心事なので「工事総額」に目が行くでしょう。ですが、「工事総額」だけを比較したのでは本当に安いのか判断できません。「工事総額」が一番低いとしても、使っている材料や機材が一番低いランクだとしたら、そうなるのは当然でしょう。そもそも、工事内容が異なっていたら「工事総額」も異なりま...

リフォーム業者の担当者は、要望を聞いただけでは見積もりをすることができません。「現場調査」と言って、建物の状況を調べる必要があります。担当者はその結果を基にして、リフォームに費用がどれくらいかかるかを見積もります。部屋の間取りやサイズがどうなっているのか、実際に採寸をして調べます。図面が残っていたとしても、それが正確とは限らないので必要な作業です。間取りの変更を予定している場合は、壁を取り外しても...

リフォーム費用の詳細な見積もりをもらったならば、機材を確認しましょう。見積もりには機材の型番などが記載されています。システムキッチンならば、メーカー名や型番、キャビネット扉の素材と色、ワークトップの素材と色などです。(見積もりに記載されていない時は、他の添付書類)その他、搬入費用や取り付け工賃が記載されています。機材は指定しないとリフォーム業者の標準的な機材が設置されます。見積もりが安かったからと...

安易な見積もり依頼は危険です!

例えば、こんなリフォーム会社に見積もりを依頼すると・・・
詳しくはこちら
↓↓↓↓

 

リフォームアンケート企画タイトル

リフォーム満足度調査 相見積もりをした人の本音は?

ぶっちゃけ相見積もりした方がいいのか?


先輩リフォーム経験者からのアドバイスと体験談

リフォームしてみた感想を聞いてみました。


 

(2017年8月集計)