> 17.悪質な業者に外壁塗装を依頼してしまった場合のクーリングオフ制度

【特集】私の知人の風呂リフォーム体験記

外壁塗装について

17.悪質な業者に外壁塗装を依頼してしまった場合のクーリングオフ制度

 

【外壁塗装について:目次】

毅然とした態度を取りましょう

悪質な業者に迫られ勢いで契約させられてしまった場合や、そのまま施工まで手を付けられてしまった場合でも、そのような契約を解除できるケースがありえます。
クーリングオフという制度を利用する方法なのですが、一定の条件を満たしているのなら一方的に解約できる制度ですので、納得のいかない契約をしてしまった場合は利用することを検討してくださいね。

 

相手の意志に関係なく契約解除

 

外壁塗装などのリフォーム工事の場合、工事の契約をしてしまった日から8日間以内であれば、相手の業者がどう言おうと関係なく契約を解除できるのがクーリングオフです。
これはすでに施工を開始していた場合であっても関係なく、施工した部分をもとに戻してもらうことが可能な強力な制度なのです。
しかもその元に戻す作業にかかる費用は、全て施工業者が負担しなければなりませんから、安心して契約を解除することが出来ますね。
しかも契約から8日間を限度として解除できるとは言いましたが、業者が契約書などの書面をちゃんと渡していなかったり書類に不備があった場合は、それらが整ってから初めて契約として認められますので、それまでならいつでも解除可能です。
本当ならそのような契約を結ばないのが理想ですが、悪質な業者の場合、無理やりに近い状態で契約させられてしまう恐れもありえます。
そんな時にはぜひ役立てたい救済制度ですね。

 

注意事項は確認が必要です

 

これだけ強力な力を発揮する事ができる制度ですので、使用する上では注意しなければならない部分も存在します。
まず、この制度を利用できるのは訪問販売で契約してしまった場合に限られる点です。
自分で業者を呼んで契約した場合や、業者の店舗などに自分が出向いて契約した場合などは使用することが出来ません。
またこの権利を使用する場合でも、電話で契約解除を伝えただけでは効力を発揮してくれないことも覚えておいてくださいね。
書類を送付して解除する旨を伝えなければいけないのですが、送付した事実を証明できるように内容証明郵便で送ったほうが確実であることも大事なポイントです。
わかりにくいという方は、法律家に相談して手伝ってもらったほうが、確実にクーリングオフを成功させることが出来ますよ。

 

 

外壁リフォームに費用についてはこちら:
外壁のリフォーム費用と相場(塗り替え・サイディング変更)

 

外壁塗装の見積もりはこちらがおすすめ

外壁塗装駆け込み寺

妻の実家で外壁の塗り替えをするので見積もりを取ったのですが、ちょっと高すぎるということで代わりに私が見積もりを取ることになりました。

利用したのは『外壁塗装駆け込み寺』さんです。
依頼をすると女性のオペレーターが相談に乗ってくれて、一番条件に合う3社を紹介してくれます。
見積もり後に気に入らない場合はお断りの電話までしてくれるのです。
気が小さい私には、これが地味に嬉しかったです。
その時の状況を記事にしました。よかったらご覧下さい。


■相談のみも可能。外壁塗装の見積もりはこちら!■


>>外壁塗装で大幅にトクした方法とは

管理人

管理人・書いた人:カナザワ
外壁塗装で失敗した経験を活かしてリフォームについて調べた知識を書いています。
>>私のリフォーム体験談



 

リフォームアンケート企画タイトル

リフォーム満足度調査 相見積もりをした人の本音は?

ぶっちゃけ相見積もりした方がいいのか?


先輩リフォーム経験者からのアドバイスと体験談

リフォームしてみた感想を聞いてみました。


 

(2018年7月集計)