> 9.耐久年数の高い外壁塗装とは?その特徴や施工方法とは

外壁塗装について

9.耐久年数の高い外壁塗装とは?その特徴や施工方法とは

 

【外壁塗装について:目次】

長持ちする塗料は何?

外壁塗装のような家屋のメンテナンスには、業者の見積もりをお願いしたり近所に気を配ったりと意外な手間がかかってしまうもの。
出来る限りメンテナンスの間隔を長くしたいと思ったら、一度の施工で長持ちする外壁塗装を選ぶのが効果的な方法です。
外壁塗装の耐久年数を長くするためには塗料を選ぶのが重要ですが、どのように選べばいいのか、またその施工方法は普通の塗装とは違うものなのかをまとめてみたいと思います。

 

耐久年数を伸ばしたければ高級な塗料を

 

基本的なことではありますが、塗料の単価と塗替えまでの期間とは比例する関係を持っています。
特別な機能を持っていない一般的な塗料で比較した場合、最も短い期間で塗り替えなければならないものが5年程度しか持たないにも関わらず、最も長い期間放っておける塗料なら20年も持つというのですから、その差は歴然としていますね。
耐久年数重視で選ぶのであれば、フッ素系の塗料を選ぶのが良いでしょう。
確かに塗料の単価は他の塗料に比べて大幅に高いものにはなりますが、塗替え工事の間隔は20年程度まで伸ばすことが可能になりますよ。
特に足場を作るのに手間のかかってしまうお宅を塗装する場合、足場費用が高くついてしまいやすくなりますので、その回数が減らせて結果的にお得な選択となる場合も多いでしょう。
近所に迷惑をかけてしまう回数が減らせれば、気を使う頻度も下げられますから気持ちとしても楽ですね。

 

更に高機能な塗料も

 

近年の塗料は進化していて、塗料そのものが断熱効果を持っているものや、汚れを自分できれいにしてくれるものまで販売されるようになりました。
単価はフッ素系塗料に比べても更に割高なものではありますが、断熱効果で光熱費を削減することが出来たり、メンテナンスの手間をかける事無くきれいな家を維持できるのはオーナーとして嬉しいことではないでしょうか。
これらの高機能塗料も20年ほどの耐久年数を持っているものが多いですから、外壁塗装の際には検討対象に組み入れてもいいかもしれませんね。

 

 

外壁リフォームに費用についてはこちら:
外壁のリフォーム費用と相場(塗り替え・サイディング変更)

 

外壁塗装の見積もりはこちらがおすすめ

外壁塗装駆け込み寺

妻の実家で外壁の塗り替えをするので見積もりを取ったのですが、ちょっと高すぎるということで代わりに私が見積もりを取ることになりました。

利用したのは『外壁塗装駆け込み寺』さんです。
依頼をすると女性のオペレーターが相談に乗ってくれて、一番条件に合う3社を紹介してくれます。
見積もり後に気に入らない場合はお断りの電話までしてくれるのです。
気が小さい私には、これが地味に嬉しかったです。
その時の状況を記事にしました。よかったらご覧下さい。


■相談のみも可能。外壁塗装の見積もりはこちら!■


>>外壁塗装で大幅にトクした方法とは

管理人

管理人・書いた人:カナザワ
外壁塗装で失敗した経験を活かしてリフォームについて調べた知識を書いています。
>>私のリフォーム体験談



 

リフォームアンケート企画タイトル

リフォーム満足度調査 相見積もりをした人の本音は?

ぶっちゃけ相見積もりした方がいいのか?


先輩リフォーム経験者からのアドバイスと体験談

リフォームしてみた感想を聞いてみました。


 

(2018年2月集計)