> マンションリフォーム

失敗しないために・・・

知らなかったら、50万円損していました。 >> 私がやったこと
 

マンションをキレイにする

 

古くなったマンションを間取りから全てリフォームする。

 

中古マンションを買って、自由に自分好みにアレンジしたい。

 

そのような時には「スケルトンリフォーム」がお勧めです。

 

これは構造体以外を撤去して、家を造りなおす方法です。

 

通常では給排水の配管の移動が難しいので、キッチンなどの水まわりの移動ができません。

 

ですがこの方法ならば、そういった制約があまりないので自由な発想でおこなえます。

 

関連記事:マンションリフォーム

 

 

マンションの全面リフォームの費用と相場

価格相場:500万円〜900万円

マンションをスケルトンリフォームする場合、60平方メートルで500万〜800万円、70平方メートルで600万〜900万円が価格相場となります。

 

非常に高額ですが、新築マンションを購入するよりも安価で、新築並みの住居に再生することができます。

 

ですが何度もリフォームすることはできませんので、後で後悔しないように慎重に計画を立てることが重要です。

 

機器や材料のグレード、施工方法で費用に数百万円の差がすぐに出てしまいます。

 

計画には時間をかけ、信用できる会社と納得いくまで話し合うのが成功の秘訣です。

 

 

定額制

最近は定額制リフォームというものがでてきました。

 

通常ならば工事したい箇所ごとに必要な金額を見積もっていくので、正確な費用を事前に把握することができません。

 

ですが、定額制では「マンションの面積×単価」で費用計算ができます。

 

その為資金計画も立てやすくなります。

 

ですが工事内容は、住宅会社の用意した仕様から選択するので自分がやりたいことができない場合があります。

 

また、個々のマンションに応じた料金設定でない為、安く工事が完成したとしても定額を支払うことになります。

 

このようなデメリットはありますが、追加費用が発生しにくいので見積もり以上の金額を支払うことも無く安心できます。

 

マンションのリフォームは一戸建てと比較して出来ないことが多い。
建物の構造上出来ないことの他に、管理組合の管理規定により制約が細かく指定されています。
契約の前に規定をしっかりと確認しましょう。

「リノベーション」という言葉もスケルトンリフォームと同じように使用されることがあります。
元々の意味は「renovation:革新, 刷新,修繕, 修理」です。
業界では「用途や機能を変更して性能や価値を向上する」事を目的としておこなう改修工事で、規模の大きい改修工事をリノベーションと呼びます。
ですが、全て含めて「リフォーム」と呼ばれることが多いです。

安易な見積もり依頼は危険です!

例えば、こんなリフォーム会社に見積もりを依頼すると・・・
詳しくはこちら
↓↓↓↓

おすすめサイト紹介

●(一括見積もり) タウンライフリフォーム●

 

リフォームアンケート企画タイトル

リフォーム満足度調査 相見積もりをした人の本音は?

ぶっちゃけ相見積もりした方がいいのか?


先輩リフォーム経験者からのアドバイスと体験談

リフォームしてみた感想を聞いてみました。


 

(2017年8月集計)