失敗しないために・・・

知らなかったら、50万円損していました。 >> 私がやったこと
 

家具や照明の費用


家具や照明は見積もりに含まれているものと含まれていないものがあります。

現場で造りつけする家具やキッチン、収納などは住宅リフォーム会社で用意するので見積もりに含まれています。

一方、後から運び入れるタンスなどの単品の家具は見積もりに含まれていません。

ですが、見積もりで渡される図面などには家具が描かれていることがあり、見積もりに含まれていると勘違いしてしまうことがあります。

また照明も同様に描かれている事があります。

これも実際には自分で用意する必要がありますが、内装工事が必要な照明や一部の間接照明などは、見積もりに含まれていることがあります。

どの家具や照明を自分で用意する必要があるのか、図面から判断するのは難しいので一つ一つ確認する事が必要です。

計画の段階で必要な家具や照明の事を考える

家具や照明、カーテンなどは工事終了後に購入する必要があります。

これらは一つ一つは高価でなくても、数量が多くなりがちなので費用がかさんでしまいます。

「リフォームにお金を掛けたのはいいのだけど、家具にかけるお金が無くなってしまったので一番グレードの低いものにした」

とか、

「家具が買えなかったので、お金がたまるまでダンボール箱にいれっぱなしだった」

という事が無いように、計画の段階から必要なものをリストアップして、いくら必要かを確認しておきましょう。



【リフォーム時に良く購入されているインテリア】
インテリア 費用目安
ソファ 15.6万円
リビングテーブル 8万円
オーディオボード・リビングボード 12.5万円
ダイニングセット 16.2万円
食器棚 20万円
ベッド 15.1万円
ふとん 9.3万円
洋服ダンス 19.3万円
造作オリジナル家具 42.3万円
工事が必要な照明器具 13.9万円
照明器具 5.4万円
カーテン 12.5万円
ブラインド 8.8万円
ロールスクリーン 4.0万円
その他にテレビや冷蔵庫なども購入されています。

照明やカーテンはほとんどの場合見積もり外ですが、別途工事として依頼すれば取り付けてもらえるケースもあります。
後で取り付けるのが面倒だったり、自分でうまく取り付けができるか不安という場合は、リフォーム会社と相談してみましょう。

安易な見積もり依頼は危険です!

例えば、こんなリフォーム会社に見積もりを依頼すると・・・
詳しくはこちら
↓↓↓↓

おすすめサイト紹介

●(一括見積もり) タウンライフリフォーム●

 

リフォームアンケート企画タイトル

リフォーム満足度調査 相見積もりをした人の本音は?

ぶっちゃけ相見積もりした方がいいのか?


先輩リフォーム経験者からのアドバイスと体験談

リフォームしてみた感想を聞いてみました。


 

(2017年8月集計)