> 快適な生活のために覚えておきたい床リフォームのコツ

床リフォームをする時に知っておきたいこと

快適な生活のために覚えておきたい床リフォームのコツ

床の張り替えのタイミングは?

快適な生活をするに当たって床リフォームの状態は大事になってきますが、その際、気になるのが張り替えのタイミングです。

 

床もある程度の期間が経過すると劣化するわけですが、いつ頃、張り替えすればいいのかというと、大体の目安としては15年から20年程度になるでしょう。そのくらいの期間が経過したら張り替えすると良いのですが、具体的な目安としては歩いた時に床がきしんだり床が沈んだように感じる時が1つの判断基準になります。

 

また、大きな傷や汚れがあったり凹みや割れがある場合や変色しているような場合も、張り替えのサインと思っていいでしょう。

 

こうした床の状態が懸念される場合、かなり床が痛んでいる証拠なので、すぐに張り替えを検討するべきです。

 

状況に応じてふさわしい方法を考える

 

床リフォームをする場合、どのような方法で行うかがポイントになりますが、自宅の状況に合わせてすると良いです。

 

たとえば、湿気で床の下地が傷んでいる時はフローリングがおすすめで、和室から洋室に変更すると良いでしょう。

 

畳からフローリングに変えると床の高さの調整が必要になるので時間はかかりますが、床のきしみや浮き、段差を解消できるのでメリットがあります。

 

また畳やカーペットからフローリングにすると、見た目の統一感が出るので見栄えもよくなります。

 

フローリングの床を改めてリフォームする場合は、その上に重ね張りすると良く、比較的簡単にできて時間や費用も少なくて済みます。

 

ただし、新しいものを上に重ねると床は丈夫にはなりますが、床の高さが上がるので重ね張り用のフローリングの素材の吟味が必要です。

 

適切な色を選ぶ

 

床リフォームでフリーリングにする場合、一番悩むのが色選びです。

 

フローリングの色を選ぶ場合、迷った時は無難なところでダーク色にすると良いでしょう。ダーク色は埃が目立ちやすいのでマメな掃除が必要ですが、高級感が出る色なので部屋全体が落ち着いた雰囲気になり、メジャーな色なので比較的安く張り替えられます。

 

ダーク色のフローリングを選んだ時はダーク色のドアを選ぶと良く、しっくりとした落ち着いた雰囲気になります。同じ色の組み合わせにリフォームにするとクラシックな感じになり、大人モダンなエスニック調の感じの部屋にすることができますよ。

 

明るくて若々しいイメージの部屋にしたい場合は、明るい茶のライト色の床にすると良いでしょう。この場合、ドアの色は暖色系もしくはアイボリーやホワイトなどがおすすめです。

 

床のリフォームをする時は、部屋の状況をよく考えながら、適切な色を選びましょう。

 

張り替えのタイミングは15年から20年が目安になりますが、床がきしんだり沈んだように感じた時は年数に関係なく張り替え時です。

 
管理人

管理人・書いた人:カナザワ

外壁塗装で失敗した経験を活かしてリフォームについて調べた知識を書いています。
>>私のリフォーム体験談

 

その他の床リフォームの記事

快適な生活をするに当たって床リフォームの状態は大事になってきますが、その際、気になるのが張り替えのタイミングです。床もある程度の期間が経過すると劣化するわけですが、いつ頃、張り替えすればいいのかというと、大体の目安としては15年から20年程度になるでしょう。そのくらいの期間が経過したら張り替えすると良いのですが、具体的な目安としては歩いた時に床がきしんだり、床が沈んだように感じる時が1つの判断基準...

業者に床リフォームを依頼する場合、初めての人はどうやってすれば良いのか悩みますが、まずは問い合わせをします。気軽に問い合わせするとよく、予算や希望の工事内容について相談に乗ってくれます。業者を探す時に大事なことは、一括見積もりをすることで、一度の登録で複数の業者に見積もりを依頼できます。一括見積もりサイトには優良企業だけが参加しているので安心感があり、サービスは全て無料です。床の工事の金額は適正な...

床リフォームの費用は業者によってバラつきがあり、また経験がないと分かりづらく、いくらが適正な費用なのかわかりにくいものです。そのため、どれくらい見積もっておくべきか悩むところですが、フローリングやクッションフロア、カーペット、畳など張り替える材料で大きく変わります。つまり、それぞれに応じた費用相場があるわけですが、一般的な相場としては10万円から50万円くらいで見ておくといいでしょう。これは材料費...

床材にはどのようなものがあるのでしょうか?フローリング材床リフォームする場合、最も人気がある材質と言えばフローリング材で、マンションなどでは一番よく使用されている素材です。フローリング材には、合板フローリング材と無垢フローリング材の2種類があります。数枚の板を接着剤で張り合わせた合板表面に、天然木の薄板などを張った合板フローリング材で、温度や湿度の変化に強いのでよく多用されています。膨張伸縮が少な...

最近は、床材を和室から洋室にリフォームする人が増えています。その理由は、和室の畳はカビやダニの温床になるからで、フローリングの洋室にリフォームするとダニトラブルなどが解消されるメリットがあります。また、フローリングにすると、家具を置いても跡が残りにくく、傷みやすい畳の張り替え費用が要らなくなるなどの効果も期待できます。特に車椅子で生活している人にとって、和室を洋室に変えるメリットは大きく、畳と違っ...

床材にクッションフロアはおすすめで、数ある床材の中でも一番安く費用を抑えることができます。床リフォームの費用は高くつくので、部屋や用途に合わせて適した床材を選ぶ必要があります。床材の中でもクッションフロアは手軽でデザインも豊富なので、色々な用途に使用することができます。塩化ビニール樹脂を原料とした柔らかい床材なので、クッション性に優れていて、表面には木目調やレンガ風などデザインのバリエーションも豊...

最近はペットブームで、核家族化などの影響もあってか、犬や猫を飼う家庭がどんどん増えています。そうした中、ペットと一緒に暮らす生活の中において、床リフォームをするというのは大きな意味があります。ペットも人間もできるだけ快適に暮らせる環境が必要だからで、そのためには床材はクッション性に優れていて、汚れづらく傷みづらい物が理想です。また、においがこもらないことも大切で、とにかくペットの身体の負担にならな...

賃貸物件だと床リフォームは難しいのではと考えてしまいがちですが、今の時代、便利な床材があるので心配する必要はありません。業者に頼めば、できるだけ低コストでマル秘テクニックにより、スムーズに施工してくれますよ。プロの業者の手にゆだねれば賃貸物件であっても問題なく、次の入居希望者の好感度アップにつながるような遮音性の高いフローリングも可能です。接着剤も釘も使わない天然木フローリングを利用して施工してく...

キッチンまわりは水回りになるのでリフォームする時はそれに適した床材を使用する必要がありますが、大事なのは水に強くて汚れに強く、そして手入れがしやいかどうかです。毎日使うキッチンはどうしても水や油汚れなどが飛び散りがちなので、機能性が重要になります。そうしたことから、手入れが簡単で拭き掃除できるクッションフロアや複合フローリングなどの床材が良いでしょう。クッションフロアは床材の柄が豊富なので特にキッ...

高齢者がいる場合の家庭のお風呂の床リフォームは、できるだけ滑りにくい床材を使用したいものです。日本での家庭内での事故で特に多いのが、高齢者の転倒事故と言われています。転倒での死亡事例は意外と多いので、お風呂の床リフォームをする時は、床材の素材については慎重に検討する必要があります。高齢者が安全にお風呂に入れるようにするには、滑りにくい床材に変更する必要があり、おすすめは防滑性の高い床材です。防滑性...

一般家庭で最もよく利用する床材といえば、フローリングです。フローリングは現在の床材の主流と言っても過言ではなく、バリエーションも豊富で素材や色の種類、価格なども色々あって選びやすくなっています。しかし、元の素材は木材なので永久に安定した状態が続くことはなく、劣化すると張り替える必要があります。劣化する原因は主に日焼けと傷と水分で、フリーリングは紫外線による日焼けの影響を受けやすいです。特に南向きの...

床をリフォームする際、その場所に応じた素材を選ぶことがもっとも大切なのですが、色選びも重要です。たとえば、床の色をドアや家具の色と合わせるのとそうでないのとでは、見た目の雰囲気が大きく違ってきます。リフォームする時は、色選びはとても大事で、しっかりとした選び方をしたいものです。迷った場合は、ダーク色のフローリング床にリフォームすると良く、安価なのに比較的高級感を出すことができます。ダーク色を選んで...

リフォームで畳をフローリングにしたいと考えた場合、どれぐらいのリフォーム費用がかかるのだろうと疑問に思う人は多いはずです。もちろん、業者によっても異なってきますし、フローリングのランク自体によっても異なってきます。ですが、ある程度の目安を知っていると、心づもりが出来ますので安心です。例えば、最も多い6畳の和室だと、畳を除去するための費用は18,000円程度です。フローリング化するための費用は100...

 

リフォームアンケート企画タイトル

リフォーム満足度調査 相見積もりをした人の本音は?

ぶっちゃけ相見積もりした方がいいのか?


先輩リフォーム経験者からのアドバイスと体験談

リフォームしてみた感想を聞いてみました。


 

(2018年2月集計)