> リフォームと家の寿命の関係

リフォームで家の寿命を延ばす


家には寿命というものがあります。木造であっても、鉄骨であっても、経年劣化というものがあるので、寿命があるのです。しかし、リフォームを行うことによって、その寿命をのばすことが出来ます。

 

リフォームは家をきれいにしたり、住み心地を良くしたりするために行われるものです。しかし、それだけでなく、家の構造や柱などを修繕したりすることにより、家自体の寿命をのばすことが出来るのです。古くなった家は柱や梁など、構造がダメになってしまっている場合があります。基礎のコンクリートが割れてしまっている事もあるのです。そのような場合、スケルトンのリフォームをすれば、補強工事を行うことが出来るため、家の寿命は大きくのばすことが出来るのです。

 

また、大規模な工事を行わなくても、水回りなどの周辺は床や柱などが傷んでいることが多いのですが、補強することにより、腐ってしまうことを防ぐことが出来ます。劣化するまま放っておけば床が抜けるような事になりますが、しっかりと工事をすることでよくなるのです。また、外壁の塗装のリフォームなども、家の寿命をのばすためには必要なものです。かなりの費用がかかりますが、定期的に外壁を塗り替えることで、防水にもなりますし、家自体を傷めないで済むようになります。

 

このように、リフォームは確かに費用がかかりますが、長くその住宅に住んでいくためにはとても大切なことなのです。費用をかけても、しっかりと行うようにしましょう。

管理人

管理人・書いた人:カナザワ
外壁塗装で失敗した経験を活かしてリフォームについて調べた知識を書いています。
>>私のリフォーム体験談



 

リフォームアンケート企画タイトル

リフォーム満足度調査 相見積もりをした人の本音は?

ぶっちゃけ相見積もりした方がいいのか?


先輩リフォーム経験者からのアドバイスと体験談

リフォームしてみた感想を聞いてみました。


 

(2018年2月集計)