> リフォームのメリットをもう一度考えてみる

【特集】私の知人の風呂リフォーム体験記

リフォームとは

リフォーム予定

 

マンションや一軒家にお住まいで、リフォームを考えている方も多いはずです。

 

リフォームとは住居の改築を行い、間取りなどを大きく変化させることをいいます。

 

外壁の取り替えやすきま風、雨漏りなどの修繕、キッチン、トイレ、バスルームなど水回りの修復や交換をすることや、床面積を増やしたり、耐震性を上げるといった大規模のものも含まれます。

 

長年住んでいるとどんな家でも不具合が出てきます。
今後も住み続けるなら、リフォームは欠かせません。

どんなメリットがある?

リフォーム診断

 

リフォームには安くない費用がかかるものですが、その費用を出すに値する多くのメリットがあるのです。
まず、現在住んでいる住居を取り壊す必要がないことです。

 

建て替えとなると住居を壊し、新たに一から建て始めるため多くの時間と費用が必要となります。

 

ある程度の規模の増築でなければ、役所で「建築確認申請」をする必要もありません。(増改築で床面積が10平方メートル増加するときは必要です

 

法改正により、戸建て住宅を建築後に敷地面積に対する建物の面積の割合(建ぺい率)の制限が、厳しくなっているケースもあります。

 

このケースで改正前の基準いっぱいに建物を建てていたとすると、もし建て替えをおこなったら以前と同じ大きさの家を建てることができません。より小さいものしか建築できないのです。

 

骨組みだけを残してリフォームする方法なら、住宅の大きさを変えずに新築同然の家を手に入れることができます。

 

またリフォームならば部分的に工事を進めることも可能なので、工事中も住み続けることができ、引っ越しや仮住まいの必要がありません。

予算によって個別にリフォームできる

リフォーム予算

 

予算に合わせてリフォーム内容を考えられるのも大きなメリットです。

 

マンションなどの新築物件では既に間取りや配置が決まっていますが、リフォームの場合、予算に合わせて変える部分と変えない部分を納得するまで検討して工事に入ることが出来るのです。

 

そして、内装、外装ともに新築同様にすることができます。

 

普段の生活で痛むのは表面的な部分で、リフォームで修繕できることが多いのです。

 

壁紙や床板を自分で選ぶことができるため、自分好みの住まいにすることが可能です。

 

新築に比べ、安い費用で満足できる住居にすることが出来るのがリフォームのメリットなのです。

管理人

管理人・書いた人:カナザワ
外壁塗装で失敗した経験を活かしてリフォームについて調べた知識を書いています。
>>私のリフォーム体験談



 

リフォームアンケート企画タイトル

リフォーム満足度調査 相見積もりをした人の本音は?

ぶっちゃけ相見積もりした方がいいのか?


先輩リフォーム経験者からのアドバイスと体験談

リフォームしてみた感想を聞いてみました。


 

(2018年7月集計)