> リフォームで窓ガラスを交換。その費用対効果

【特集】私の知人の風呂リフォーム体験記

階段などの良く使う部分での費用

家を構成する要素として窓があります。

 

新築するときなどは間取りなどで頭を悩ませますが、以外と窓のことを考える人は少ないのではないでしょうか。

 

家が古くなってきてリフォームが必要になったことを契機に、窓について考えてみましょう。

 

以前の住宅の窓ガラスは一枚ものでした。その為断熱効果も低く、冬は特に北側の窓では結露が生じるために下の床やカーテンにカビが生えてきたりしたものです。

 

しかし最近の窓ガラスは二重になっていて内と外を区切る役割以上の効果が付随されるようになってきました。


それは、

  • 断熱性を高め結露を防いだり
  • 強い日差しを防いだり
  • 防音効果を高めたり
  • 防犯性を高める

など様々な効果です。

 

住宅のリフォームを考えるとき、または、大掛かりなリフォームをする前に、まず窓ガラスのリフォームを考えてみてください

 

二重の窓とは

二重の窓というのは、従来の窓枠にペアガラスに入れ替えるるものと内窓を加えるものとがあります。

 

ペアガラスは様々なガラス会社から、工夫を凝らしたものが販売されています。

 

従来の窓の内部にもう一つ内窓を付ける方法では、窓枠付きの硝子を付け加えます。

 

そのガラスも様々工夫がされた商品があります。

 

いずれのリフォーム方法にしても、断熱防音遮光など効果が高くなり、冷暖房のエコにもつながります。

 

マンションだから、一戸建てだからとどのタイプにするのかということが決まっているわけではなく、また結露の状態や間取りなどによってそれぞれの住居に合う方法があるのです。

 

それは業者とも十分話し合って決めるようにします。

 

ではその工事をする費用はどのくらいかかるのでしょうか。

 

硝子には厚みも様々あり、また大きさも様々なので費用も様々です。

 

厚さはおよそ3mmから7mmまであります。

 

大きさも60cm×60cmから90cm1×80cm位まであります。

 

費用はおよそ一枚につき10、000円から50、000円くらいです。

 

費用は掛かりますが、窓ガラスのリフォームによってずいぶん住みやすくなるのです。

管理人

管理人・書いた人:カナザワ
外壁塗装で失敗した経験を活かしてリフォームについて調べた知識を書いています。
>>私のリフォーム体験談



 

リフォームアンケート企画タイトル

リフォーム満足度調査 相見積もりをした人の本音は?

ぶっちゃけ相見積もりした方がいいのか?


先輩リフォーム経験者からのアドバイスと体験談

リフォームしてみた感想を聞いてみました。


 

(2018年7月集計)