> 一戸建を建て替えるならリフォームを選択するのもあり

住居が古くなったとしても新築するには費用が負担になります

長く住み続けた一戸建てが古くなってきたらどうしますか?

 

新しい家を購入するのも考えられますが、住み慣れた土地から離れたくないという人も多いでしょう。

 

また、建て替えとなると家に対しての愛着やまだ使用できるものもあり解体するのは惜しいって人も居るでしょう。

 

そのようなさまざまな理由で、建て替えや移転をためらってしまうご家庭は多いでしょう。

 

かかる費用の問題もあるので、土台から真っさらにしてしまう新築は必要経費が多すぎるとの悩みもあります。

 

かといって、地震大国の日本に住んでいるとなると耐震性も気になりますし、古いままの一戸建てに住み続けるのは得策とはいえません。

 

そこで、比較的土台などが新しい場合は一戸建てのリフォームを選択すると、経済的にもお得です。

 

使用できるものはそのままなので費用の負担も少なく、全面リフォームでも建て替えるよりは工事期間が短いといったメリットがあります。

 

更に業者によってはリフォーム中の家にそのまま居ながら工事を終えることができるといった日常生活に支障をきたすことなくできます。
(短期で引っ越しをした方が期間と費用が安くなる場合もありので、どちらがいいとは一概には言えません:参考リフォームの工事中の生活

 

リフォームの相場は住宅事情や業者により上下するので、あくまで参考程度ですがリフォームの費用は「材料や機器の調達費」「人件費」「業者の利益率」に大きく分けられます。

 

使用したい材料のグレードや機器、工事に携わった人数、そして業者がかかげている基礎工事の費用で結果的に安くなるか高くなるかが決まります。

 

リフォームしたい場所によって使用する材料や人数も違ってくるので相場が変わりますが、予め予算を決めておき見積もりを依頼することでなるべく低い費用でリフォームすることが可能になります。

 

 

建て替えた方が安くなるケースもある

現在の日本では一緒に住む家族が少なくなっています。

 

子供が独立し夫婦二人で大きな家に住んでいるため、維持がタイヘンだという家庭も多いようです。

 

そこまで行かなくても、使わない部屋が余っていて物置になっているというケースもあるでしょう。

 

この場合全面リフォームをするよりも敷地面積を小さくしたり、2階建てから平屋に建て替えたほうが費用が安くなる場合があります。

 

 

手間が掛かりますが、リフォームと建て替えの見積もりをしてもらうのも良いでしょう。

管理人

管理人・書いた人:カナザワ
外壁塗装で失敗した経験を活かしてリフォームについて調べた知識を書いています。
>>私のリフォーム体験談



 

リフォームアンケート企画タイトル

リフォーム満足度調査 相見積もりをした人の本音は?

ぶっちゃけ相見積もりした方がいいのか?


先輩リフォーム経験者からのアドバイスと体験談

リフォームしてみた感想を聞いてみました。


 

(2018年2月集計)