> フローリングにおける工法と費用の違い

床リフォームの二つの工法

フローリングリフォームには、大きく重ね張り張り替えの二つの工法があります。

 

どちらを選ぶかによって、仕上がり具合や費用が違ってきます。

 

費用が安いのは、重ね張りによるフローリングリフォームです。

 

重ね張りとは、既存の床の上に直接フローリング材を張っていく工法で、床を剥がす手間がいらないので、費用を安く抑えることができるメリットがあります。

 

費用は6帖の重ね張りフローリングリフォームを行った場合、素材にもよりますがおおよそ4.5万円?6万円程度になります。

 

ただ、重ね張りをした場合、その分厚みが増してしまいます。

 

そのため段差が生じたり、重ね張りした部分が高く感じたりすることがあります。

 

気になる場合は、重ね張り専用のフローリング材を使う用いることである程度解消させることが可能です。

 

これに対して張り替えによるフローリングリフォームは、既存の床を一旦剥がしてからフローリング材を貼っていく工法を言います。

 

手間がかかる分、工期が長くなり、費用も高くなりますが、段差もなく美しい仕上がりになります。

 

ちなみに費用は6畳で7万円?15万円程度かかります。

 

また、張り替えにはもう一つ大きなメリットがあります。

 

それは下地の状態を確認することができるということです。

 

床を剥がしてみたら下地が傷んでいることも少なくありません。

 

そのままの状態で重ね張りしたら、すぐにダメになってしまうでしょう。

 

張り替えなら、下地処理を行うことができ、フローリングを長く持たせることができます。

 

関連記事:
床のリフォーム費用と相場(張替え・変更)

管理人

管理人・書いた人:カナザワ
外壁塗装で失敗した経験を活かしてリフォームについて調べた知識を書いています。
>>私のリフォーム体験談



 

リフォームアンケート企画タイトル

リフォーム満足度調査 相見積もりをした人の本音は?

ぶっちゃけ相見積もりした方がいいのか?


先輩リフォーム経験者からのアドバイスと体験談

リフォームしてみた感想を聞いてみました。


 

(2018年2月集計)