> 水回りの費用と注意点

水回りのリフォームについて

リフォームは住宅設備の追加や劣化箇所の修復など幅広い用途で用いられており、工事内容や規模によって費用が大体決まっているという特性を持ちます。

 

これらは水回りのリフォームに関しても同様で、見積もりの段階で明らかに相場との差が大きい費用を請求してくる業者は避けるのが無難な選択と言えます。

 

ただし、水回りのリフォームにおいてはいくつか注意しておかなければならない点があり、突然のトラブルに対応する為にも予め最低限の知識を知っておく事が大切です。

 

まず、台所やトイレ・浴室など水回りの事情によっても変わってきますが、経年劣化による内部の損傷具合は工事開始後に判明するパターンも存在し、追加工事が必要と判断される状況では見積もりの段階よりも費用が高額となる可能性を考慮しておかなければなりません。

 

その為、水回りリフォームでは予算に余裕を持たせておくと、目に見えない箇所でトラブルが生じている場合でも修復工事を進められるので素早く対応できる利点があります。

 

また、トイレや浴室のように狭い場所もしくは滑りやすい場所がリフォームの対象となる場合も多く、特に安全面を考慮したリフォーム内容を心がけておくと後々後悔する状況を回避できます。

 

例としては手すりの設置や段差を無くす工夫が挙げられ、それに加えて水に強い材質を選んだりカビなどに対する対策が施しやすい構造を目指しておくと、日常的な掃除において負担の軽減されるメリットが生じます。

 

関連記事:
キッチンのリフォーム費用と相場(交換・移動・間取り変更)
浴室(ユニットバス)のリフォーム費用と相場
トイレのリフォーム費用と相場(交換・内装)

管理人

管理人・書いた人:カナザワ
外壁塗装で失敗した経験を活かしてリフォームについて調べた知識を書いています。
>>私のリフォーム体験談



 

リフォームアンケート企画タイトル

リフォーム満足度調査 相見積もりをした人の本音は?

ぶっちゃけ相見積もりした方がいいのか?


先輩リフォーム経験者からのアドバイスと体験談

リフォームしてみた感想を聞いてみました。


 

(2018年2月集計)