> 外壁リフォームの工程と種類

【特集】私の知人の風呂リフォーム体験記

外壁・屋根のリフォーム見積もりをするなら

外壁塗装駆け込み寺

見積もり後に気に入らない場合はお断りの電話までしてくれる、最近ちょっと人気な一括見積サイト。


■相談のみも可能。外壁塗装の見積もりはこちら!■




外壁の塗料と工程ついて

外壁の塗料はどんなに高品質で耐久性の良いものを使っていても、ある程度の年数が経てば色落ちや汚れなどが目に付くようになります。

 

このような劣化は見た目の問題が一番大きく、亀裂などがなければ構造上は何の支障もありませんが、リフォームで塗り直しを行うだけで新築に近い美しさを取り戻すことができます。

 

外壁のリフォームは塗装会社で行っています。

 

リフォームにかかる費用は、施工費だけでなく塗料の種類によっても大きく異なりますので、基本的な種類を覚えておくと実際にリフォームする際に便利です。

 

塗料には大きく分けて、アクリル系、ウレタン系、シリコン系、フッ素・光触媒系の4つの種類があります。

 

単純に費用の面だけで比較すると、一番安価だと言えるのはアクリル系です。

 

ただし、アクリル系はその分他の塗料の比べて耐久性が低いというデメリットがあるため、何度も塗り直しを繰り返すとかえって費用がかさむ場合もあります。

 

逆に耐久性に優れていることで注目されているのは、フッ素や光触媒を使った塗料です。

 

これらの塗料の耐久性は平均で15年から20年とされており、アクリル系やウレタン系の2倍は長持ちするという大きなメリットがあります。

 

外壁の塗装は足場の設置、下地の調整、壁面の洗浄、窓のマスキングなどを行ってから開始します。

 

特に下地調整や洗浄といった塗装の準備に関する作業は、一見地味に見える作業ですが仕上がりを左右する大事な工程の一つです。

 

そのため、この作業を丁寧に行っている業者は信頼性の高い業者だと言えます。

 

関連記事:
外壁のリフォーム費用と相場(塗り替え・サイディング変更)

管理人

管理人・書いた人:カナザワ
外壁塗装で失敗した経験を活かしてリフォームについて調べた知識を書いています。
>>私のリフォーム体験談



 

リフォームアンケート企画タイトル

リフォーム満足度調査 相見積もりをした人の本音は?

ぶっちゃけ相見積もりした方がいいのか?


先輩リフォーム経験者からのアドバイスと体験談

リフォームしてみた感想を聞いてみました。


 

(2018年7月集計)