> リフォーム費用が高い理由

リフォームに必要な金額が高くなる理由

リフォームの費用は、高いものだってイメージしている人も多いのではないでしょうか。

 

お金に対する価値観や経済状況にもよりますが、気軽にできる金額では無いでしょう。

 

では、なぜリフォームの費用は高くなってしまうのでしょうか。

 

リフォームでおこなう工事は、家屋の一部分のみを工事します。

 

そのため、新しく工事をした部分と工事をしていない部分の境目ができてしまい、この境目を慎重に処理する必要がでてくるのです。

 

この処理を怠ってしまうと、見た目が悪くなったり雨漏りの原因になるので、慎重にしなければいけません。

 

手間暇かけて処理をするために、高い費用になるのです。

 

またリフォームは、工事する部分を一旦壊しておこなわなければいけません。

 

壊すといっても、家屋全体を壊すのでなく一部分のみ壊します。

 

家屋全体にダメージを与えないように少しずつ壊し、リフォームをしない部分にキズが付かないように、養生もしなければいけません。

 

さらに、壊した部分の処理をする手間を挟んでからリフォームをする必要もあります。

 

建て替えならあとのことを考えずに一気に壊すことができますが、リフォームだと一気に壊すことができないので、費用に反映されるようになり高いと感じる原因になります。

 

また、リフォームは目に見える部分だけの工事ではありません。

 

壁を移動させるだけでも、基礎や天井裏の工事もする必要があります。

 

見えない部分の工事をすると、どうしても費用が高いと考えてしまいがちです。

 

しかし、こうした見えない部分や慎重に作業をすることによって、家屋の一部分のみを作り替えることができるのです。

 

骨組みだけを残して、全て作り直すリフォームがあります。

 

出来上がった家は、新築のようなフレッシュ感あふれる住居スペースへと生まれ変わることができます。

 

これは一般的に、一から建て直すよりも安く仕上がるので経済的だと言えます。

 

ですが、もし家が大きいと感じているなら新築で小さい家を建てたほうが安くなるケースもあります。

 

こような事例なら、新築とリフォーム両方を手掛ける住宅会社に依頼してみるといいでしょう。

 

住宅ローンの見直しをしよう

リフォームの時期は家庭によって様々ですが、多くの家庭が住宅ローンを支払っている途中です。

 

毎月の支払いは決して楽では無いでしょう。

 

その上でリフォームを決行するのは、大きな決断です。

 

そこでアドバイスとして、住宅ローンの見直しを提案します。

 

金利はいつでも一定なのでは無く、情勢によって変動します。

 

最近は金融機関の競争激化を背景に空前の低水準であるとも言われています。

 

この機会に住宅ローンを借り替えることで、毎月の返済額を減らせる可能性があるのです。

 

一度金融機関に相談してみてください。

 

こちらの記事も参考にしてください:

管理人

管理人・書いた人:カナザワ
外壁塗装で失敗した経験を活かしてリフォームについて調べた知識を書いています。
>>私のリフォーム体験談



 

リフォームアンケート企画タイトル

リフォーム満足度調査 相見積もりをした人の本音は?

ぶっちゃけ相見積もりした方がいいのか?


先輩リフォーム経験者からのアドバイスと体験談

リフォームしてみた感想を聞いてみました。


 

(2018年2月集計)