> 一戸建ての建替とリフォーム。その費用の違い

【特集】私の知人の風呂リフォーム体験記

リフォーム?建て替え?どちらがいいか考える

一戸建て住宅が古くなってくると、リフォームをするか建て替えをするか検討することになります。

 

リフォームと建て替えの違いは、内装や設備機器を新しいものと交換するか、全てを新しく作り直すかの違いとなります。

 

一戸建て住宅ですから、建て替えとなれば新築することになるため高額な費用が掛かりますが、リフォームであれば必要なところに必要な分だけ費用を掛けることが可能なため、経済的に新しい環境を作ることが可能です。

 

一戸建て住宅の場合では木造が多くなるため、建て替えとリフォームで悩む場合には経過年数を考慮して選択する必要があります。

 

経過年数が進んだ古い一戸建ての場合、リフォームに費用を掛けてもすぐに寿命がきてしまう可能性がありますので、建て替えたほうが経済的なケースが多くなるのです。

 

一戸建て住宅では、新築後10年程度で最初のリフォームを行うのが普通です。

 

使用している材料によって異なりますが、外壁や屋根の塗装工事がありますし、水回りの内装の仕上げ材も劣化が進んできます。

 

木造住宅では改修によって手を加えると寿命を延ばすことが可能ですから、一定のサイクルで改修工事を行う必要があります。

 

劣化が目に見えてからでは手遅れとなる場合もあるため、業者と相談しながらリフォームのサイクルを決めることが大切だと言えます。

 

経済的に建物を新しくするにはリフォームが最適な方法ですが、古くなりすぎた建物の場合には寿命との兼ね合いから建て替えを検討することも大切です。

 

関連記事:
一戸建てリフォームの基礎知識

住宅ローンの見直しをしよう

リフォームの時期は家庭によって様々ですが、多くの家庭が住宅ローンを支払っている途中です。

 

毎月の支払いは決して楽では無いでしょう。

 

その上でリフォームを決行するのは、大きな決断です。

 

そこでアドバイスとして、住宅ローンの見直しを提案します。

 

金利はいつでも一定なのでは無く、情勢によって変動します。

 

最近は金融機関の競争激化を背景に空前の低水準であるとも言われています。

 

この機会に住宅ローンを借り替えることで、毎月の返済額を減らせる可能性があるのです。

 

一度金融機関に相談してみてください。

 

こちらの記事も参考にしてください:

管理人

管理人・書いた人:カナザワ
外壁塗装で失敗した経験を活かしてリフォームについて調べた知識を書いています。
>>私のリフォーム体験談



 

リフォームアンケート企画タイトル

リフォーム満足度調査 相見積もりをした人の本音は?

ぶっちゃけ相見積もりした方がいいのか?


先輩リフォーム経験者からのアドバイスと体験談

リフォームしてみた感想を聞いてみました。


 

(2018年7月集計)