> リフォームに補助金がもらえるって知ってますか

【特集】私の知人の風呂リフォーム体験記

補助金について知っておきましょう

 

全国の多くの自治体では、防災対策、省エネルギー化、バリアフリー化などを目的とした住宅のリフォーム費用を助成するための何らかの補助金制度を設けており、国土交通省の調査では、市区町村の実に8割以上にこうした制度があるといいます。

 

リフォームを行う場合には、まずはお住まいの自治体などの制度の有無を確認して、申請を済ませてから進めるようにしましょう。

 

まず、安全対策ですが、東日本大震災などを教訓に、国や自治体では既存住宅の耐震化が不可欠と考えていることから、リフォームのなかでも耐震化関連の費用を助成する制度があります。
対象となるのは1981年以前の「旧耐震基準」によって建てられた木造住宅が主で、こうした住宅の耐震診断にかかった費用や、耐震設計、耐震改修などの費用が補助金として交付されます。

 

また、省エネルギー化については、太陽光発電システム導入のための国の補助金制度があります。

 

住宅の屋根に太陽光パネルを設置する場合に、開閉器などの付属機器や配線工事費などの費用までを含め、1kW当たり1.5万円ないし2万円を上限として補助金を交付するもので、太陽光発電普及拡大センターが受付窓口となります。

 

さらに、バリアフリー化のリフォームについては、高齢者のための介護保険や、障害者のための自立支援給付の一環としての助成制度があります。

 

介護保険の認定や身体障害者手帳の交付を受けているかなどの細かな条件がありますが、階段や玄関、浴室、トイレなどへの手すりやスロープ、移動リフトの設置といったバリアフリー化工事について、その費用を助成するというもので、通常は自治体の福祉事務所が窓口となっています。

 

関連記事:
リフォームの補助金

 

 

 

管理人

管理人・書いた人:カナザワ
外壁塗装で失敗した経験を活かしてリフォームについて調べた知識を書いています。
>>私のリフォーム体験談



 

リフォームアンケート企画タイトル

リフォーム満足度調査 相見積もりをした人の本音は?

ぶっちゃけ相見積もりした方がいいのか?


先輩リフォーム経験者からのアドバイスと体験談

リフォームしてみた感想を聞いてみました。


 

(2018年7月集計)