> リフォームの費用をローンで支払う

【特集】私の知人の風呂リフォーム体験記

リフォーム費用をローンで支払うことも可能です。

リフォームをしたら、かかった費用を支払わなければいけません。

 

現金を用意できればいいのですが、そうできないケースも多いです。

 

その場合、リフォーム費用をローンで支払い事も当然出来ます。

 

やはりリフォーム費用と言ってもかなりの価格がかかるケースも多く100万円以上、場合によっては1000万円程度などと言った工事も沢山あります。

 

そう言った中でもローンが組める事は、とてもありがたい事です。

 

実際に住宅ローンと同じ様なケースで、その分も所得税の控除になったりする事で、確定申告を行う事はとても良い節税対策となります。

 

リフォームをする前に、控除可能かどうか調べておくといいでしょう。

 

 

 

マンションや一戸建てが古くなれば、それだけ治す箇所も増えて来ます。より良い建築業者を見つけて、リフォームを手掛けてもらう事は、とても大事なことです。

 

リフォームを依頼する際に、イメージだけを伝えておまかせしてしまう人も多いですが、それは失敗の元です。

 

細かいところまで考え、費用などもしっかりと交渉を行う事が必要です。

 

材質などの面で価格も違いが出来ていたりする為、リフォームなどにかかる費用をどれだけ予算を組んで行えるかをある程度考えておく必要があります。

 

その上でローンを組みます。

 

また現金で支払える場合でも、ローンに変えることで突発的な出費を抑えることが抑えることができると共に、少し上質の工事を行うことも可能になります。

 

将来も含めた経済状況や、その人の価値観にもよりますので、現金とローンどちらがいいか良く考えてみるといいでしょう。

住宅ローンの見直しをしよう

リフォームの時期は家庭によって様々ですが、多くの家庭が住宅ローンを支払っている途中です。

 

毎月の支払いは決して楽では無いでしょう。

 

その上でリフォームを決行するのは、大きな決断です。

 

そこでアドバイスとして、住宅ローンの見直しを提案します。

 

金利はいつでも一定なのでは無く、情勢によって変動します。

 

最近は金融機関の競争激化を背景に空前の低水準であるとも言われています。

 

この機会に住宅ローンを借り替えることで、毎月の返済額を減らせる可能性があるのです。

 

一度金融機関に相談してみてください。

 

こちらの記事も参考にしてください:

管理人

管理人・書いた人:カナザワ
外壁塗装で失敗した経験を活かしてリフォームについて調べた知識を書いています。
>>私のリフォーム体験談



 

リフォームアンケート企画タイトル

リフォーム満足度調査 相見積もりをした人の本音は?

ぶっちゃけ相見積もりした方がいいのか?


先輩リフォーム経験者からのアドバイスと体験談

リフォームしてみた感想を聞いてみました。


 

(2018年7月集計)