> 耐震リフォームの費用・相場

地震に備えて耐震リフォームをするために必要な費用は?

日本は地震の多い国です。いつ被害に遭ってもおかしくありません。
耐震リフォームは大切な我が家を失わない為の保険です。

 

自分の家は大丈夫だと思っていても、もしかしたら大規模な地震に耐えられないかもしれません。
一度は耐震診断をして確認してみましょう。

 

残念ながら地震に耐えられないと診断されたら、耐震リフォームをする必要があります。
ですが耐震リフォームをしたいと考えた場合、どれぐらいの費用がかかるかわからない人はとても多いはずです。見えにくい部分だけにわかりづらいのです。

 

しかし、耐震リフォームをしたいと考えた場合、どれぐらいの費用、相場なのかを知っていると、値段交渉の時などにとても便利です。

 

耐震リフォームは、50万円以下で出来るもの、100万円以下で出来るもの、100万円以上で出来るものに分かれています。

 

まず、50万円以下で出来るものとしては、耐震金物を10コ程度木造住宅に取り付けるというリフォーム工事があります。材料費、工事費の総額で40万円程度になります。

 

但し、この金物自体も数千円から数万円と値段に幅があるので、どれを使うかによっても費用はかなり異なってきます。また、筋交いを設置して補強をする工事の場合は、総額で25万円程度です。これは壁一間に対しての工事費用です。

 

外壁にブレースと呼ばれる補強材を取り付ける工事は、総額で50万円程度になります。外壁の柱、土台に耐震パネルを取り付ける工事をした場合は、総額で65万円程度になります。

 

100万円以上の工事としては、屋根の重量をさげることでバランスを改善する工事で、これは屋根を張り替えをするため高額になり、総額で120万円になります。屋根の重みを減らすことで、地震が起きた時も壊れにくい住宅になるのです。

 

このように、耐震のリフォーム工事の費用は、内容によって様々です。しっかりと理解して依頼をするようにしましょう。

 

 

 

 

 

管理人

管理人・書いた人:カナザワ
外壁塗装で失敗した経験を活かしてリフォームについて調べた知識を書いています。
>>私のリフォーム体験談



 

リフォームアンケート企画タイトル

リフォーム満足度調査 相見積もりをした人の本音は?

ぶっちゃけ相見積もりした方がいいのか?


先輩リフォーム経験者からのアドバイスと体験談

リフォームしてみた感想を聞いてみました。


 

(2018年2月集計)