> 増税前と増税後のリフォーム費用の変化

消費税増税でリフォーム工事の費用はどうなるのでしょうか。

平成26年4月から、消費税が8%に増税されました。

平成2年に3%で導入され、平成9年に5%になって、今回は17年ぶりの改定です。

 

消費税の増税前には駆け込み需要がある反面、増税直後は費用の割高感と、駆け込み需要の反動減で、リフォームに限らず、あらゆる消費はいったん冷え込みが想定されています。

 

しかし、消費の落ち込みがわかっていながら無策でいるわけはないので、新規の住宅取得では住宅ローン控除を拡充するなど、負担緩和措置が講じられています。

 

リフォームについては、バリアフリー化リフォームや耐震リフォームなどで税の減免の適用がありますが、新規の住宅取得ほどのメリットは残念ながらありません。

 

その結果、新規の住宅購入は需要の落ち込みを税の減免でカバーしていますが、リフォーム費用は増税分の負担が上乗せになっている格好です。

 

しかし、正式発表は年内の予定で、まだされていませんが、来年の10月にはさらに10%への増税が予定されています。

 

新税率施行の6カ月前以前の契約は、引き渡しが改定後でも旧税率で取引できる経過措置が適用されます。

 

来年10月1日の新税率を例にとると、来年4月1日以前にリフォームの契約を結べば8%で工事ができますが、それが近くなると、再び駆け込み需要が予想されます。

 

需要が急増すると、材料の調達難や人手不足などで、費用は消費税分以上に増加するので、4月からの増税でいったん需要が落ち込んでいる今がリフォーム費用節約のチャンスです。

 

管理人

管理人・書いた人:カナザワ
外壁塗装で失敗した経験を活かしてリフォームについて調べた知識を書いています。
>>私のリフォーム体験談



 

リフォームアンケート企画タイトル

リフォーム満足度調査 相見積もりをした人の本音は?

ぶっちゃけ相見積もりした方がいいのか?


先輩リフォーム経験者からのアドバイスと体験談

リフォームしてみた感想を聞いてみました。


 

(2018年2月集計)