> 小額リフォームでも相見積もりすべき大きな理由

小額でも危険があります

 

自称リフォーム業者が工事しても違反ではありません

 

以前私は別の記事で書きましたが、工事費が500万円未満のリフォームは資格が何もなくても工事してOKなんです。
以前書いた記事:リフォームの悪質な業者に注意

 

これって、とても怖いって思いませんか?

 

安いって思ってお願いしたリフォーム業者が、実は素人だったって事もありうるのです。

 

表面だけキレイにして、見えないところは酷いありさまだとしても、すぐには分かりません。

 

後で、だまされたって思いますよね。
私も一度騙されています運営者情報

 

実店舗を持って営業しているリフォーム業者なら、このような事が無いとは思いますが、可能性がゼロとは言えません。

 

またリフォーム費用は、ある程度の相場があります。

 

ですが理路整然と理由を付けて、通常よりも高額になりますと言われたら、納得してしまうかもしれません。

 

それについても真偽は、素人にはわかりません。

 

 

リフォームで騙されない為には、信頼できるリフォーム業者を探す必要があります。

 

一番いいのは、自分が信用できる人の中で、同じ内容の工事をした人を探して話を聞くことです。
人づてに聞いた話は信用してはいけません。業者の関係者というケースが多いですからね。
信用できる人からいい話を聞くことができたら、その業者に問い合わせてみましょう。

 

しかし、そんな条件に合う人が見つかるのは稀です。

 

 

そこで次善の策として相見積もりをします。

 

こちらが素人なのをいいことに、費用を水増ししようとする業者を除外することができると同時に、プロから見たいろいろな意見を聞くことができます。

 

実際に私も相見積もりを行いました。
その時の話がこちらです。

 

↓↓↓↓↓↓

 

妻も驚いた!リフォームで50万円得した見積もり体験談

 

一番いい方法かどうかはわかりませんが、失敗を最小限に抑える方法だと思います。
一度チェックしてみてください。

 

 

関連記事:
リフォームの悪質な業者に注意
リフォーム業者の選び方

 

リフォームアンケート企画タイトル

リフォーム満足度調査 相見積もりをした人の本音は?

ぶっちゃけ相見積もりした方がいいのか?


先輩リフォーム経験者からのアドバイスと体験談

リフォームしてみた感想を聞いてみました。


 

(2019年9月集計)