> 在来工法からユニットバスへ!風呂リフォームをしたら快適すぎて長湯してしまいました

 

我が家のお風呂リフォームの顛末(てんまつ)記

 

 

こんにちは!

 

このサイトを運営しているカナザワさんと、同じ職場で働いている高橋(仮名)と申します。

 

カナザワさんに、「今度風呂をリフォームしようと思っているんだ」と話したところ、「じゃあ5000円で記事を書いてくれ」と言われてしまいました(苦笑

 

その報酬につられてですが、こころよく引き受けることにしました(笑)

 

この記事では、もうすぐ築40年の我が家でおこなった、お風呂のリフォームの顛末(てんまつ)について、お話していこうと思います。

 

つたない文章で読みにくいこともあるかもしれませんが、よろしくお願いします。

 

 

■最初の異変は道路工事でした

 

今年(2018年)の8月ごろ、我が家の前の道路で数週間かけて工事が行われました。

 

我が家の前の道路工事後の様子

 

毎日うるさいな、と思っていたら…

 

お風呂のドアノブが取れてしまった

 

お風呂のドアノブが…

 

約40年前に在来工法で作られた我が家の風呂場。
古いとは分かっていましたが、まさか金属が腐るとは…

 

ドアノブだけ交換しようと思ったのですが、形が合わず断念。
仕方がないので、ヒモでひっぱって開け閉めしています(笑)

 

そんなときです!

 

我が家の排水マスから水が漏れていることが発覚!

 

我が家の排水マス

 

このままでは、トイレから流れてきた汚物が敷地内にたまり、放置しておくと異臭がしてくるとか…

 

仕方がないので、業者にお願いして修復してもらおうとしましたが…

 

古い施工で、コンクリートでガチガチに固めてあるため、全て掘り起こして塩ビ製に変える必要があるそうです。
そのため、費用が17万円もかかってしまいました(涙)

 

排水桝の交換領収17万円

 

ついでに、キッチンなどのパイプも9000円でクリーニングしてもらいました。

 

パイプクリーニング領収9000円

 

 

■さらに大きな問題が発覚!

 

さらについでに、床下もチェックしてもらいました。

 

すると…お風呂の床下が…

 

お風呂の床下

 

腐ってる!!

 

ドアノブだけでなく、土台から腐ってました(涙

 

実は我が家のお風呂の壁は、こんな状態です。

↓

我が家のお風呂の壁

 

ひび割れでボロボロ…

 

ひびから水分が床下にしみ込んで、土台を腐らせていたのです。

 

業者が言うには、

 

「このままだと、床が抜け落ちるかもしれません」

 

とのこと。

 

正直まだ早いと思っていたんですが…

 

後から後から問題が出てくる我が家。

 

できるときにやってしまわないと、後々困るかもしれません。

 

仕方がないので、お風呂をリフォームすることにしました。

 

■工事期間は約一週間

 

【初日】

 

お風呂を解体します。

 

風呂リフォーム一日目:解体

 

キレイになくなりました。

 

二日目

 

コンクリートで土台を固めます。

 

風呂リフォーム二日目:コンクリで固める

 

そういえば、床下が腐っていたんだったな…
と思って、土台を見てみると…

 

床下を確認したら腐ってた

 

確かにボロボロでした。
嘘じゃなかったんですね…

 

 

三日目

 

本日は日曜日。
コンクリが固まるまで待つのでお休みです。

 

四日目

 

ユニットバスのメーカーの下請け業者がきて、ユニットバスを設置。

 

ユニットバスのメーカーの下請け業者がきて、ユニットバスを設置

 

「おお、できた!」

 

と思ったのですが、まだ配管などができていないようなので入れません。

 

五日目

 

最初の業者が来て、残りの作業をして、完成です!

 

施工前と、施工後を並べてみると…

 

風呂リフォームビフォーアフター

 

メチャクチャキレイになりました!

 

水栓もピカピカです。

 

風呂リフォーム水栓

 

うん、いいお湯です。

 

風呂リフォーム後にお湯を入れてみた

 

その後、誰が先に入るかもめました(汗)

 

私は家族みんなに先に譲って、最後にゆっくり入りました。

 

快適すぎて、一時間ぐらい入ってましたよ(笑)

 

新しいお風呂って、いいですね。

 

 

■お値段は…

 

メーカー希望価格約100万のユニットバスが40万円。
工事費が80万円程度。
合計120万円でした。

 

風呂リフォーム領収書

 

この領収書は、脱衣所の床と壁の張替えをしてもらったので、その分高くなっています。

 

■なぜその金額でOKを出したのか

 

120万円って高いですよね…
簡単に出せるものではありません。
だからできるだけ安い業者に頼みたいという思いがありました。

 

ですがこのサイトを運営しているカナザワさんに相談したところ、見積もりが安くても、工事が始まってから追加工事で価格を上げてくる業者がいるそうです。

 

工事が始まってしまったら、途中でやめることはできません。
追加工事も泣く泣く、了承するしかないんです。

 

我が家の場合、もし悪質な業者だったら、
後から「土台が腐っていた」と報告してきて、その分金額を上乗せする可能性があったそうです。

 

ですが私が最初に関わった業者は、追加の工事があっても金額の上乗せはしないと約束してくれました。

 

実際に、脱衣所の流しの配管が腐っていて、水漏れしていましたが、追加料金なしで修理してもらえました。
ここまで我が家はボロボロなのかと、ショックでしたが…

 

今回は最初に出会った業者が、良い業者でした。
たぶん運が良かったんだと思います。

 

もしあなたが、これからリフォームをするなら、業者は慎重に選ぶことをおススメします。

 

そうしないと、笑ってお風呂に入れなくなってしまいますからね!

 

新しいお風呂、とてもいいですよ(笑)

 

 

2018年11月20日 高橋(仮名)

 

■運営者より

 

私も以前リフォームをしたことがあります。
私の場合は、良い業者に心当たりがなかったので、一括見積サービスを利用しました。

 

希望するリフォームの内容を送ると、複数の業者から、思いもよらないアイデアやアドバイスをもらうことができました。
それらの業者は、厳格な国家基準をクリアしているので、信用できます。
騙されるということがないんです。

 

もし、良いリフォーム業者に心当たりがない方は、ぜひ一括見積サービスを利用してみてください。

 

一括見積サービスはこちらです。
一括見積サービスホームページ

 

 

 

リフォームアンケート企画タイトル

リフォーム満足度調査 相見積もりをした人の本音は?

ぶっちゃけ相見積もりした方がいいのか?


先輩リフォーム経験者からのアドバイスと体験談

リフォームしてみた感想を聞いてみました。


 

(2018年7月集計)